読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

香港の用事なんて一瞬であっという間に終わって・・・

ほんと、いつもいつも「行くだけが仕事」とか「飛行機乗る事が仕事」とか言われておりますが、もうホントに今回の香港に寄ったのなんて正にそんな感じでして、確かに日曜日の深夜にこっちが到着して、それにワザワザ合わせてお会い下さるなんて涙ぐましい努力をして下さってますが「だったら日本に来てよ」って言いたい・・・

あれ?今まで言ってなかったっけ?あれ?もしかしたら、言ったら日本に来てくれるのかな?今度言ってみようw

 

私以上に大変なのは秘書子でして、絶対に私より先に起きて、当然ですが私が起きてる間は起きてて(たまに居眠りしてるけどw)、そして絶対に私より後に寝てます。当然、働いてる時間分はお給料計算はありますが、それにしても大変だよな。

以前、たしか誰かにどこかで「秘書は絶対に同行しないといけないんですか?」って言うような事を聞かれた事がありました。絶対に同行では無く、私なんかですと非常に稀に単独で出張に行く場合もあります。例えば、前回オーストラリアに行った時とかは単独でしたし、それ以外にも香港やシンガポールバンコクに、ブログでは書いてませんがシレッと単独で1泊2日出張に行ってたりとかもありますw

 

難しく言いますと「海外出張に際して、入国の目的を以って業務遂行の必要があれば秘書を同行させる」と言う事でして、めちゃめちゃ簡単に言えば「2人以上で行動すれば、どっちかが仮に入国拒否とかなった時にも、絶対にその日に必要な書類をどっちかが持って入れるよね」って事です。難しく言うのが好きなんですw

 

最近、よく私に同行してる秘書子は7号が多いって言う感じもあるんですが、実は彼女は国籍が日本ではなく、アジア圏でもないんですよ。

この会社の社長である私が持ち歩いている書類とかで、仮に私が入国拒否になったとすると非常に困る書類も中にはありまして、その時に同じ日本国籍の秘書ですと、非常に考えにくいんですが「日本国籍者に対する入国拒否」と言う事態になった場合に、日本以外の国籍を持つ者が同行していると問題を回避出来る場合があります。また、めちゃめちゃ簡単に言いますと「俺の代わりに、これ持って行って」って事ですww

 

秘書子7号と呼ぶ彼女、秘書としてはスーパー半人前なのですが、そう言う理由があって私に同行している事が最近は多く、しかも帰国子女と言うかある意味外人さんですから、母語であり母国語の英語は非常に堪能ですから、役に立つ事もたまにありますw 正直、シンガポールと香港では中国語で十分なので、アレですけどww

 

たまに、大人数で行くときとかは、今後同行させる時のために経験させておきたいと言うのもあったり、今回のように今年の新入社員を本当に研修目的で連れて行ったりする事もあったり。

そうそう、新入社員の2人はそれほど大きな失敗はせずに、無事乗り切れたようでしたが、指導役だった某不良薬剤師いわく「アレックスさんが甘いので、研修になりませんよ」って言う事なので、今後はアレックスさんに若い女性は近づけない方が良さそうですw そう言えば昨日、香港までのフライトの最中に7号も「私もアレックスさんに甘い声で声掛けられた事ありますよw」とか言ってました(汗; あの業界(金融)の人たちって、皆んなそうなのか?ん?

 

今は香港国際空港で飛行機の出発を待っておりまして、7号は出張帰りで明日から3連休でして「今日はこのまま仕事になってもいいので、 香港に残って明日から3日間のお休みを香港で過ごしたいです」と言うので、そのようになりました。本当は6日連続以上の出張で無いとダメなんですが・・・ ちょっと甘いかな。

香港には秘書子3号が出張で来ておりまして、ちょうど秘書子4号と交代する時でしたので、3号はもともと昨日日本へ、4号は今日香港へ来ることになっており、3号の帰国だけ1日ずらしまして今一緒におります。

 

これ、書いてる私も秘書子1号2号3号・・・7号って、当然普段は名前で呼んでるので、コンガラガッてきてまして、登場人数が多い時には一度名前で書いてから番号に直したりしておりますw 最初から、あだ名にでもしておけばよかったかも。

そうそう、某不良薬剤師には号数が付いておりませんが、年齢の順番的には3号の後ろあたりです。 新入社員の2人は、もう少ししたら8号と9号になるかと思います。いつもココ見てるだけの関係者の皆さん、よろしかったでしょうか?www