読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

マン島に向かって出発(2回目)

事前予告の通り、本日これからマン島への出張でして、羽田空港に向かうところなんですが、が、が~

 

なんか、英国に持って行く荷物にですね、ペヨングカップ焼きそばのダンボールが2ケースございまして、そのままだと恥ずかしいので別の箱に入れていただきましたが、空港の職員の方が荷物検査しますと、カップ焼きそばだと丸わかりでしょうw  

ペヨング ソースやきそば 106g×18個

ペヨング ソースやきそば 106g×18個

 

 

東南アジアが庭のような皆さんは、以前まだウエイトコンセプトであった頃のマニラ行きのチェックインカウンターを思い出して頂ければ、あの日清カップヌードルシーフード味をカート一杯に乗せた皆様、あんなイメージです。まあ、実際には2ケースなので大した量ではありませんが。

 

英国から、先月日本に来ていたお坊ちゃんにプレゼントだかで、どこぞのお嬢様に持っていくように命じられました。別に、我々が働いてる理由にはあのお宅の個人的な要件も含まれてますので、それ自体は全くかまわないのですが、金あるんだからフェデックスでもDHLでも電話一本で呼んで送れよとも思うところでもあるのですけれど、大人なのでブログで愚痴るだけにしておきますw

とも思ったのですが、やっぱり黙っておられずに某お嬢様に「パーセルで送ればいいのに」と言ってしまったところ「バカねえ、わざわざ持って行かさせたところが、愛情の重さなんでしょ?」と中学生に・・・ これ、話大きくしてると思うでしょ?一字一句このまま、可哀想な家来に教示しているように言われましたから(汗;

女子中学生のクセにク◯生◯気な、これでもこっちは一応は大卒だぞ!東京大学出てるんだぞ!なんなら学力で勝負をすると、全力で打ち負かされるのは目に見えているので、素直に引き下がっておきました。

ちなみに「ロンドンのシティ空港から先は、Parcelforce(宅配便)ですよ」って言ったら「ちょっと、最後まで直接持って行きなさいよ」とか後ろの方で騒いでおりましたが、オックスブリッジだかどっか、そんなイングランドの片田舎まで持っていかねえよ。さすがに・・・

 

 

ええっと、www 

夕方、会社でちょっと小腹空いたなと思いまして、先日ある子会社から献上されたカップ麺を漁っておりましたら、なになら美味しそうな物がありました。

日清のどん兵衛 明太子クリームうどん 94g×12個

日清のどん兵衛 明太子クリームうどん 94g×12個

 

相変わらず商品紹介は写真を撮るのが面倒でAmazonですが、Amazonの商品情報を見て気が付いたんですが、これって発売日が昨日なんですね?だから試供品っぽい感じだったんだ!と、今気が付きましたw

なかなか美味しくて、なぜか手元にありましたコンビニのおにぎりと一緒に食べましたところ、いい感じです。ふと、カロリー表示を見ますと・・・

437kcal

やっぱねえw おにぎりが180kcalくらいありましたので、合計で600kcalを超える、小腹を埋めるためのお食事でございました。

ちなみにあの機内食、エコノミーの機内食で800~1000kcal、ビジネスの機内食で1200~1500kcalになるそうです。ええ、小柄な女性ですと1日分の摂取カロリーになるかもしれません。ファースト? 知らん、知りたくないw

 

 

カップ焼きそばを持って家に戻る時、某お嬢様から呼び止められまして「ちょっと、これ」と仰って、可愛い封筒を手渡してきたので「なんだよ、チップかよ、気が効くじゃねえかよ」と思って、開けてみましたら・・・

「Parcelforce 25% Off Coupon」

うっ、うん。

 

ありがとう・・・ ございました。

 


 

すいません、実際には今日突然呼びだされて「さあ、持ってお行き」とか言われたわけでは無く、事前に相談はありました。さすがに、そこまで非常識なお嬢様ではございません。まあ、それでも出張に行く大人に、カップ焼きそばを持って行かさせる程度のズレた常識はお持ちですけどw

 

あとペヤングでは無く、安いペヨングを選んだのには理由がございまして、ペヤングには具材(かやく)に肉類が使われており、ペヨングには安い代わりに具材に肉類が使われておりません。1個2個ならいざしらず、1ケース18個入りを2ケースと言うと36個でして、いくら説明しても商業持ち込みと認定される可能性があり、その場合は肉類が使われているので検疫証明が必要になる可能性を考え、ペヨングにして頂きました。

これ、現地の税関や検疫所で引っかかった場合、具材だけ捨てて他は持ち込むというのは認められない事が多く、危険性を回避するためにそのようになったわけです。

 

パーセルフォースの割引券は、最初本当にチップくれたのかと思って「やっぱり、中学生からのチップは返した方がいいよな。でも、チップ返すのって非常に失礼なので、あっちで何か買ってくるか」まで考えた挙句、中身が割引券だったので、自分の中の何かが崩壊する感覚を久々に味わった次第です(汗;

 

もう少ししたら、適当に空港行きます。