読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

猫と、宅急便と、花火

はい、昨日に引き続きまして、これも1日ズレたエントリーとなっております。もはや、今日を昨日に書き換えることすら放棄しましたので、昨日読んだと思いながらどうかお読み下さいw 


世間はお盆休みですねえ。お盆休みでは無い方も土日でお休みだったりしまして、今日はどこに行っても混んでるんでしょうね。

奥様は今日はお仕事ですので、せっかくなので家でダラダラする事にしまして、自宅に居てもエアコン点けて電気代が掛かるだけなので、お師匠様のお宅の猫どものところにやって来ました。どうせ、猫どもがおりますのでエアコンは点けっぱなしですんで。

それにしてもこいつら、私の事を完全に「餌をくれる人」と言う認識になっておりましえて、朝も来てちゃんと餌をやったのに、昼前に来ましたら人の顔を見まして「おっ?もう次の餌の時間か?」って顔して近づいて来ます。時間感覚とか、満腹中枢とか、こいつらは無いのかなwww

 

まあ、とりあえず面白いので、猫様専用ビーフジャーキーを少しづつ与えておりまして、たまに投げると全力で向かっていくのが面白いww

机の上に袋から出したビーフジャーキーを置いておきますと、遠くの方から狙っておりまして、ゆっくり近づいて来ます。ビーフジャーキーを狙ってる時は、尻尾をピンと立てて、ゆっくりゆっくりと尻尾を左右に動かしながら2匹で近づいて来るので分かりやすく、ギリギリまで気が付いて無いフリをしておき、あと一歩と言うところで「なに?」っと言って睨みますと、2匹でビクッっとなりまして「べつに~」って感じで通り過ぎて行きますwww

 

先ほど、宅急便のお兄さんから電話がありまして「クール便のお荷物なんですが、指定日は特になしで届いておりまして、今日はご自宅におられますか?」と言う確認でした。私の住んでる地区、と言うかマンションを担当してる宅急便のお兄さんでして、かなり好青年ですw うちの奥様に言ってある「インターホンで連絡があった時に、通してしまっていい人リスト」の中の一人です。他には、郵便局と生協のお兄さん、警備やフロントの方くらいですんで。

いや、高層マンションって言っても最近は危ないですからね。うちのマンションを管理する会社が同じように管理している別のマンションでこんな事件があったそうです。

夕方には中学生の子しかいないはずの部屋に明らかにセールスっぽい男性が通されて行くのを警備の方が不審に思い、かと言って住人が招き入れている以上は止めるわけにも行かなので、管理用のエレベーターでそのフロアに行ってみたら、どう見ても無理やり部屋に押し入ろうとしているところだった。

とか(汗; それ、警備の方が不審に思わなかったり、仕事に余裕が与えられて無くて不審に思っても警備の方の意思で巡回が出来なかったら、その中学生の子は一体どうなっちゃったんだろう・・・

セキュリティがしっかりしてても、不用心に招き入れてしまったらセキュリティも何の役にも立たないんですよね。中学生くらいですとインターホンで呼ばれ、納得出来る理由でしたら解錠して招き入れてしまう恐れもあります。小学生とちがって、全部一律に断る事なんて言いつけもしなくなって来る年齢ですし。

でもそう言う事があると知らない人の場合は一律お断りとかにされる事もあり、最近では部屋数が多いマンションとかは宅急便とか郵便局の配達の方とかほぼ固定です。ただ、あちらさんもタダでは転ばないと言うか、営業が上手な爽やかな好青年を配置し、配達の時にさり気なくお中元やお歳暮などのカタログとか地方のギフトカタログなんかを置いていき、地道に売上を上げているようですw

いまお盆時期で配達に行っても居ないお宅が多いので、電話して確認してるんだそうでして、そう言うほんの細かい気遣いが出来るのか、そう言う事が出来る余裕が与えられている部署なのか、いずれにしても1本の電話で非常に印象が良くなります。

で「いま◯◯◯◯号室で猫と遊んでるんで、こっちに持ってきてもらってもいいかな?そう言うのって大丈夫かな?」って確認しましたら、なんと「あれ?◯◯◯◯号室におられるなら、そちらのお荷物もお持ちしていいですか?ほとんどのお荷物が火曜日指定のクール便なんですけど」ってww 宅急便のお兄さん、たった電話1本で火曜日まで保管しとかないとならなかった荷物が、全部配達できちゃいました。しかも、大量にwww

やっぱり今日は家に居ない人が多くて凄い暇なんだそうでして、火曜日以降の時間指定の配達が思いやられるそうです。エレベーター待ってる時間が惜しく、非常階段をダッシュで駆け下りたりする事もあるそうでして、街中の配達とはまた違った大変さです。

その火曜日のひと山処理出来ただけでも、大助かりだとかw 今日は凄い暇だって言う事で、配達した上に一緒にダンボール開けて冷凍庫に入れるのまで手伝ってくれまして、要らなくなったダンボールを最後にリサイクルセンターまで持っていくのまでしてもらっちゃいました。アメリカならチップはずむ勢いです。チップって言うわけにもいかないので、冷凍庫に入ってたアイスを差し上げました。今日も暑いですからねえ・・・、あれ?今日そんなに暑くないなあ、まあいいやw

 

そう言えばふと思ったんですが、私達が小さかった頃って、庭や近くの路地とか公園で花火やったじゃないですか?ここってマンションなので当然庭は無く、共用部で花火するのもダメでしょうし、近くの公園なんかでも禁止事項に「花火」が入っております。「あれ?このマンションに住んでる大勢の子供たちって、花火やらないの?」って。

お師匠様のところのお嬢様やお坊ちゃんは少し前まで戸建ての家に住んでいたので、その頃はやってたかもしれませんが、生まれてからずっとマンション住まいの家政婦さんのところのガキ子は、もしかしたら花火ってやった事無いんじゃないかな?

 

今年はもう急すぎて無理かもしれないけど、来年とか、夏休み事業所内児童クラブで集まってる子供たちに、どこかで花火をさせてあげたら喜ぶかな?どっか、子会社の取引先とかで大きな駐車場とかある会社だったら、花火させてくれるところありそうだし。どうかな?こんな感じで・・・

手持ち花 火 大 会