読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました\(^o^)/

あれから半年、そして今日、ドイツからやって来た荷物

本日「くっそ、月末進行で忙しい忙しい、ああ忙しい」と思いながら仕事をしておりますと、事務さんがやって来まして「社長、なんかドイツから荷物が届いてるんですけど」と言いながら、配達されたばかりのDHLの箱を持ってきました。

通常、海外からの荷物が配達されたら一応は金属探知機で検査して、「書類」と書いてあるのに必要以上に金属反応が無いか、「物品」であったら危険物では無いのか調べてから担当部署に渡すんですが、今日はそのまま持ってきました。

宛名が私個人宛になってまして Confidential / 親展扱いだったんですね。でもそれって、親展って書いときゃ何でも素通りかよとも思ったのですが、ルール作ってなかったこっちが悪いのと、どうせ大した物は来ないのでまあいいでしょう。こう言うのが来たら、本日この時点をもって、本人を荷受け場まで呼ぶことになりましたw

 

そのドイツからやって来た荷物なんですが、差出人がドイツ語アーベーツェーデーエーエフゲーハーで書いてあるので、ん?ゲーハー*1?むむむ(汗; 独自解析は諦め秘書子3号ちゃん呼ぼうかと思ったら、ドイツ語の下に書いてあるのが英語の社名でしたw なんかセキュリティー会社からでして、一瞬「証券会社?」とかボケてみたのですがスペルが違います。

そんな事をしていても、どうせ開けるんですから、さっさと開けてみましたら(もう、この段階でさっさとしておりませんがw)、なんと・・・

 

あの3月に発生したベルギーでの空港爆破テロの際、フランスからドイツのフランクフルトまで警護をお願いしました警備会社さんからでした。で、中身は英語で書いてございますので、結局秘書子を呼びまして読んでもらったところ

弊社をご利用頂き半年が経過しました。その後、弊社のご利用が無いと言う事は、無事に過ごされていることかと存じますが、ご利用から半年経過し世界情勢の変化に伴って、普段の生活からご旅行に際してまでの様々な場面で必要な、最新の危機管理情報をご提供申し上げます。

と、言う事でして、その情報提供用にバインダーに入った冊子が送られて来たと言う訳です。次回からは差し替え用のファイルが郵送かネットでダウンロードが選べるんだそうでして、ネットでダウンロードを選択しました。これ、いつまでとか期限が無く、終身と言うか未来永劫なんだそうです。ドイツの警備会社のアフターケア、凄いな。

実際、あの時の仕事の様子も完璧なプロフェッショナルでしたし、こう言うサービスで心を掴まれれば、多少高くても次回も絶対にこの警備会社さんを選ぶでしょう。いや、本来は不要なときでも念のためとか言いながら、お願いしちゃうかもしれません。 

 

あれは、忘れもしない今年の3月22日です。私は英国に出張に行っておりまして、まさにその日22日に、英国からフランス北部の地方都市に移動する予定でした。行き先がフランス北部の都市でしたので最寄り空港はルクセンブルグ空港が一番近く、この時はアムステルダム経由ルクセンブルグ行きの航空券を予約しておりましたが、ブリュッセル経由で行く事も検討しておりました。当時はそんな事をブログに書く余裕と言うか、気にもなれなかった感じです。

これが翌日に私が更新したブログで

yuan2.hateblo.jp

 

こっちが、一緒におりましたお師匠様が当日更新したブログ

fxse.hatenablog.jp

 

そして、翌日の戦績の更新で、多少は移動の顛末が書いてあります。

fxse.hatenablog.jp

フランスからドイツのフランクフルトへ向けて出発する際に、この警備会社の方に最初に聞かれたのが「万一の際に、最後までお守りするのは、どなたでしょうか?」当然それは会長であるお師匠様ですのでその様に伝えますと、私に対して「では、今回の警護中、他から見た時に、あなたを最重要警護しているように設定します」と言う事でした。ええ、私は囮でした(汗; 業務とは言え、こんな事を私に通訳しなければならかった、この時に同行していた秘書子3号は、ちょっと震えておりました。

そっか、もうあれから半年経つんですね。つい先日のような気もしますし、ずっと遠い昔のような気もします。

 

半年前のブリュッセルで発生したテロ、そしてそれ以前それ以降も繰り返されているテロの犠牲になり、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、ケガをされた方の1日も早い回復、そしてもうテロの起こらない世の中になりますように、再度お祈り申し上げます。 

 


*1:Hまで引っ張ったのは、ゲーハー言いたかっただけ、みたいなww

発売日決定!だそうですよ。

昨日から、うちの奥様がなんやらカウントダウンしております。

今日の朝、家を出る際には「あと85日」でした。お腹の子どもの行事かなんかなのかと思っておりましたが、とりあえず今日の日付に85日を足しますと、12月21日でして24週??? 何のことやらさっぱり分からずに、会社で秘書子に話てみたところ判明しました(汗;

CONCERT TOUR 2016 I SCREAM(初回生産限定盤) [DVD]
 

それか~

そっちか~

最近あまり騒いでいない感じでしたので、チェックを怠っておりましたが、まさかこれが来るとは思ってもおりませんでした。なんで昨日からカウントダウンがスタートしたのかも理由が判明しまして、なんと発売日の発表が昨日だったんだそうです。

そして、Amazonのアカウントを見ますと、既にBD盤・限定DVD盤・DVD盤の3つが予約されておりました。どうせ特典が違ったりするのでしょう、この情報を教えてくれた秘書子の話ですと、他の販売チャンネルでは特典が違う可能性もあるので、他にも予約してる可能性も十分あるそうです。 

 

まっ、この程度の散財で、妊娠中期の大変な時を乗り切ってくれるなら、極めて安いものです。

と、思う事にします(汗;

 

それにしても、BD盤・限定DVD盤・DVD盤って内容は微妙に違うんですかね?限定DVD盤とDVD盤は、さすがに限定盤に通常版の内容が網羅されてて、特典だけの違いだと思うのですが。ここは自分で見て研究するより、もう少し詳細が明らかになった段階で、詳細解説のあるブログさんなんかを見た方が早いと判断しましたw 

 

まあ、今のご時世3種類で発売するくらいは、まだ良心的な方ですかね?アニメとかはもうね、酷いですからね・・・ ねえ?

 

ああ、今日は忙しい忙しい(汗;

人の生死と子ども

今日、会社の関係で不幸がありまして、新宿の方まで行ってまいりました。人が亡くなると、その方と直接の関係が無かったとしましても、色々と考える事があります。そもそも、どなたかが亡くなって駆けつけている以上は、亡くなられた方と直接の面識では無くてもその方との繋がりがあったわけでして、今回の場合は子会社で働いている女性の旦那さんでした。

 

「通常は」と言うべきなのか、「本来は」と言うべきなのか、あるいは「規則上は」と言うようなまるで大義が烏滸(おこ)がましい言い方でいいのか・・・ いつもでしたら子会社の従業員自身ならともかく、その配偶者の方が亡くなられましても通夜やお葬式、ましてや亡くなられた直後に伺う事はまず無いのですが、今回はその子会社の社長がたまたま出張中であったのと、私の予定が割けそうでしたので伺ってきました。

まだお子さんも成人には程遠く、先日の社内旅行の時にも母子で参加してくれてました。もうその時には旦那さんは入院されてましたが「たまには子どもに楽しい思いをさせてあげられて良かった」と仰っていた事を思い出しました。

この日本と言う国は、日本人が悲観するよりもまだ立派に福祉が機能している国です。未成年の子を一人前に出来るまでは、なんとか頑張れるところまで応援してくれる福祉がある国です。この国に生まれて良かった。この国で子どもを産んで良かったと、従業員でありお母さんである彼女が思ってくれるように願っております。

 

私が帰る前にお子さんがしっかりと挨拶してくれまして、この子にどうしても言っておきたい事があったので、それだけ伝えて帰ってきました。

今日これから来る他のお客さんで、お父さんの事を「キミのお父さんだった人」って言う人がいるかもしれないけど、それは間違いだからね。キミのお父さんは亡くなっても、ずっとずっとお父さんだって言う事は変わらないんだからね。お父さんが居なかったらキミは生まれて来なかったんだ、だからお父さんが亡くなっても、そのうちずっと未来になってキミが亡くなってからも、それでもやっぱりキミのお父さんは、キミのお父さんのままなんだから。

既に何人かの弔問客に「お父さんだった人」と言う言われ方をしていたので、それが気になって気になって。そう言う時だからこそ特に、子どもに対しての言葉に大人は注意して欲しいと願います。


さて、話は全然変わるのですが、ネットでニュースを見ておりましたらこんな記事がありました。

jp.reuters.com

カナダに到着しましたケンブリッジ王太孫殿下に同行しておりましたジョージ王子殿下が、カナダの首相にハイタッチを求められ拒否し、困った首相は再度握手を求めたらそれも拒否されたと言う記事でして、なんとも可愛らしい冷遇ですw

3歳と言う事を考えますと、何かイヤイヤスイッチが入ってしまったら、一国の首相だろうが曾祖母であるエリザベス女王陛下であろうが、嫌なものは嫌でしょうw

それにしても、このカナダのイケメン首相ですが、自分の国の国家元首であるエリザベス女王陛下の曾孫であり王位継承順位3位を持つ、王太孫の第一王子(日本語で対応する言葉がありませんが造語するなら「王太孫世子」になるかと思います)にハイタッチを求めるとか、世が世ならその場で処刑モノですよ(汗;

それにしましても、3歳くらいってこんなにカワイイんですね。まだ生まれてないけどうちも早く出てきて、そして早く3歳になって、 そのまま3歳固定でしばらくいてほしいww いや、双子だからどっちにしろ早く出て来る事になるのに、その上更に早く出てきて欲しいなんて言ってたらヤバイな(汗;

奥様の逆ギレと焼肉

本日ちょっと用事がございまして、奥様のご両親が来ているのですが、午後から数時間外出してまいりました。家に帰りますとうちの奥様がご立腹でして、簡単に言えば帰ってくるのが遅いと言うことです。

結婚する前、同居を始めるときから我が家では約束がありまして「仕事で遅くなったり、突然予定が変わってお休みが無くなっても、文句を言わない」と言うものです。当然、私に対してだけでは無く、奥様が同じように仕事で遅くなったり、突然お仕事が入って文句は言いません。

今日は奥様のご両親が来ていたので、確かに仕事は断ってずっとご一緒した方が良かったのですが、それは仕方がない事です。もちろんご両親は分かって下さってまして、奥様に「仕方ないじゃないのよ」と言ってくれてるのですが、これがまた、ご両親に言われるから余計になのか、あるいは、昔の子どもの頃みたいな心境になってしまったのか。

 

こう言う時には毅然とした態度で臨んだほうがいいと考えるのは、経験値が足りない、まだまだ「ケツの青い夫」です。私のように結婚が2度目ともなり、一流の夫を目指す者としては、ここは完璧な方法で乗り切らなければなります。

謝る。ひたすら謝る。」仮に理不尽だと、約束が違うと思っても「謝る。」これで大抵は乗り切れます。果てしなく謝っていると、今日の場合はご両親が「そんなに怒る事じゃ無いだろ」とか「謝らせることなの?」とか私の味方になって下さいますが、ここは敢えて「いえ、約束はともかく、ご両親がいらしてる日でしたので」と、私に本来は謝る必要が無かった事を示唆しまして、ついでに「8時までに戻る約束でしたが、遅れないにしても、メールぐらいしておけばよかったので」と、帰宅時間も約束した時間前に帰ってきていた事をアピールしておきます。

なんとなく、形勢が不利なことに気が付き始めた奥様は、やがて徐々に態度を軟化させ、やがては「いいよ。じゃ、許してあげる」とつぶやくわけです。過去の尊い犠牲をベースにした小手先のテクニックを結集し「奥様に勝ったつもりにさせておき、実は我々夫側が勝利を掴んだ瞬間」です。

 

さて、夕飯には焼肉に行くと言う事になっておりまして、私の周辺では(だけw)有名な、いつもの朝鮮燒烤に参りました。最近ではこのお店に行きますと、うちの奥様は某お宅の家政婦さんなんかと一緒になって厨房に入って飲み物とか持ってくるので、今日も勝手にサーバーからビールを注いで「はい、生ビール」とか言いながら、私やお父さんの前に置きまして、ご両親がビックリしておられました(汗; 「このお店って、飲み物はセルフサービスなの?」とお母さんに聞かれましたが、理由を説明するのが大変ですw

 

今日はうちの奥様の逆ギレ事件で、ご両親が私に加担して下さり、結果としてその御蔭で少しだけご両親との距離が縮まった気がします。

 

でも、まだちょっと気を使う(汗;

旅行と家族とか、なんとか。

昨日、インターネットをしていたうちの奥様に、突然何かが降臨したようでして、このように仰っしゃいました。

ねえ、ねえ、グアム無くなっちゃうって言うから、早目に行った方がいいよ

うちの奥様が、インターネットで何を見ていたのかと言いますと、こちらですね。

www.zakzak.co.jp

これによりますと、ソウルも灰の山になるそうなので、グアムだけで無く、ソウルにも行っておいた方がいいかもしれません(汗;

 

私、これだけ過去に色々な国へと出張で行っておりますが、うちの奥様は片手もいらないくらいしか海外渡航した事が無く、いま折角英語を習ってる事ですし、そのうち一緒に海外に行きたいねと言う話もしておりました。実はまだ、新婚旅行も行ってないんですよね。

近い場所で英語圏だとグアム。初めて北マリアナ諸島に行くのであれば、サイパンよりもグアムの方が都会で良いかと思います。もう、ビーチオンリーとか潜るだけと言うんであれば物価が安いサイパンの方がいいかもしれませんが。

あとは、英語圏とか正式には言えませんが、香港か。少し遠くなるとシンガポールもあるのですが、こと英語と言う事に関してはシンガポールは訛りがキツイので、7時間以上も飛行機に乗るのであれば、いっそハワイでも飛行機に乗ってる分にはあまり変わりありません。

 

本当は、赤ちゃんがやって来る前に行っておいた方がよかったのかもしれませんが、もう奥様のお腹にいらしてしまった以上は仕方ないので、旅行に行くならお腹の中でお付き合い頂きましょうw

ただ、双子ちゃん確定しておりますので、普通の妊婦さんが旅行に行かれる時に比べて、非常に制限がキツイです。本当に、僅か数週間しかない様な感じでして、それも先生に良く相談して、直前に変更やキャンセルも必要になるかもしれません。

そんなにするなら、もう生まれて少し大きくなるまで待って、一緒に海外に行った方がいいのかなとも思いますし、夫婦2人で過ごせる貴重な機会なんだからと言うのも若干考えない訳ではありません。

 

今日はうちの奥様のご両親が我が家にお泊りでして、緊張しますわ(汗; まあ、まだ救いなのは、私と奥様の年齢差よりも、私とご両親の年齢差の方が若干ですが大きい事でしょうか。年齢差が大きな夫婦の場合、いずれかの両親が夫婦どちらかに近い、又は逆転なんて事もあったりします。それは、凄い会う度に気まずいでしょうねえ(汗;

 

旅行の事だけでは無く、生まれてくる子と作る家族、奥様のご両親と形成する家族、うちの両親と奥様も含めて形成する家族、そしてそれら大きな親戚と言う括りを普段はあまり考えないので、この機会に少し考えてみたいと思います。

 

それにしても、まだやっぱり奥様のご両親とお会いすると、緊張する(汗;

実家と倉庫、ときどき警察!?

このエントリー、公開したつもりになっておりましたが、実は公開されておりませんでした。危うく、23時59分発動の自動更新にやられるところでしたw

 

今週は月曜日が祝日、そして週半ばにも祝日と言う何とも言えない週でして、仕事的にもあまり効率が良くありません。「じゃあ会社休みにしちゃえば」と言えば、9月と言うのは何かと忙しくて、そう言うわけにもいきません。しかも、休みが増えてもお給料は変わらない社員は大喜びでしょうが、お時給で働いてる皆さんは変に休みを増やしますと文句言ってきます(汗;

 

さて、今度の土日に、うちの奥様のご両親が上京されてきまして、我が家にお泊りになられます。先週末の方が連休で良かったかもしれませんが、もし出張がズレると私が居ない可能性が高かったと言う事で、今週末になりました。実際、出張がズレたと言うか長期化しまして、それはそれで良かったのですが。

別に、私が居ない時にやって来られてお泊り頂きましても、何も問題ございませんので、次回からよろしくご検討下さい。いや、むしろそっちの方が・・・

 

うちの奥様は、なぜか私の実家が大好きでして、私が居なくても一人で私の実家へ行ったりしております。新幹線距離なので行くのが大変なハズなんですが、新幹線に乗ってるのは大した時間では無く、うちの奥様が行くとなると、ひょいひょい新幹線の駅まで迎えに来る年寄りもおりまして、まあ奥様が楽しいなら別にかまいませんがw 

今年、私の実家のすぐ近くで一戸建ての家が売りに出ておりました。昭和40年代築と古い建物でして、実際売り主的には建物は無価値と言う判断で「土地(建築物あり)」として売りに出ておりました。一戸建てと言っても超ド田舎なので数百万円でして、それでも買い手がつかない感じでした。「超ド田舎」では無く、同じ音でも「丁度田舎」でしたら売れるんでしょうけどwww

なんとこの物件をなんと、購入しました。ええ、昭和40年代築の廃屋のような上物がある一戸建てを購入しました。親や親戚には「建物壊して何かするんかねえ」と思われていたようですが、そうではありません。建物には筋交い工事と外壁修繕、雨漏り修繕だけしまして、畳は全て廃棄し24時間換気扇を付けて、家の中にイナバの物置を所狭しと設置しまして、倉庫として使う事にしました。実は、昨年くらいからレゴ投資しておりまして、長期間安定して保管しておける格安な倉庫を探してたんです。

ここまではご存知の関係者の方も多いと思いますww

 

この倉庫に荷物を入れる時に使っているのが、従兄弟の高校生でして、先日この従兄弟の学校に「お宅の生徒が廃墟に出入りしている」と言う電話があったんだそうです。しかも警察から(汗;

従兄弟の両親もうちの両親も全部事情は知っておりますので、学校側に説明し、警察には「なんなら中見ます?」って言ったそうなんですが、出来れば持ち主の方と従兄弟の双方の立会で中を見せて欲しいと言うことでして、まあ何か疑ってるのでしょう。具体的には言いませんが、警察としては「所有者に黙って高校生が悪い事をしている」又は「所有者が高校生を騙して悪い事をさせてる」又は「共謀して悪いことをしている」のいずれかを疑っているので、双方立会いでと言っているんだと思われます。

私が英国に出張に行ってる時に、ちょうどうちの奥様が実家に行きたいと言うので、警察に電話しまして「所有者の妻でもいいか」聞いたところOKだと言うので、うちの奥様が実家に行った際に、うちの両親と親戚の高校生の子の4人で警察の方に中を見せてきました。

 

まあ、結果として司法警察が欲するものは何もないのですが、大量にある新品のレゴやプラモデル、そしてAmazon玩具メーカーダンボール箱を見て苦笑いしてたそうです。水道関係を凄く質問していたそうなので、どうやら「マ◯ファナの水耕栽培」を疑っていたようです。あれは、水道よりも電気を確認した方が・・・ なんでもない(汗;

次から同じような「あの廃墟で・・・」みたいな通報や申告・相談が警察にあったら「警察としては既に確認済みで、特に問題はありませんでした」と答えていいか聞かれたそうなので「どうぞどうぞ」と言っといたとか。もういっそ「倉庫みたいですよ」と答えてもらっちゃった方が、早いような気もしますけどwww 

 

これ、中途半端に田舎なのでこう言う事になりまして、これが徹底的に田舎だと直接言ってくるんでしょうね。この倉庫にした一戸建て近くにも、私の実家がお付き合いのあるお宅は当然ありまして、 そのお宅の方は無論「あのボロ屋は◯◯さんのとこのセガレが買って、倉庫に使ってる」って知ってるんです。

まあ、それでもこう言う小さい事を積み重ねて、日本の治安が保たれていると考えたら、あまり文句も言えません。 

"つわり" が来ない・・・

9月20日の一昨日、日本へ帰ってきまして、久しぶりに奥様の手料理を夕飯で食べました。おいしかった。私が日本に居ない間に何回かあった、お料理教室の時に習った料理もありまして、どれも美味しかった。

2人じゃ食べきれない量だったんですが、家まで荷物を運ぶのを手伝ってくれた、秘書子7号が、なぜか一緒に夕飯を食べてまして。いや理解不能なんですが・・・

なぜか「7号ちゃんも夕飯たべてく?」と言う、うちの奥様の社交辞令(本人はそうは思ってないでしょうけどw)に反応してそのまま一緒に食べて行った、ある意味素直な7号でして・・・ ただ、昨日の夕飯の量的には、小柄だけどよく食べる7号が居てくれて良かったかもしれません。

 

炒め物や揚げ物いろいろありましたが、ここ10日以上ちゃんと食べていなかった白飯と一緒に食べるのが、やっぱり格別です・・・、ん?これ、どれも妊娠初期に発生する「つわり」の時には作るのが大変って言われてる物ですが、なんと、

うちの奥様、つわり来な~い。

いや、過去にも色々うちの奥様が普通の人と違う様(さま)は見てきたのですが、全くつわりが来ないなんて事は、あるんですかね(汗; 既に11週の後半を迎えてまして、あと何日かで12週に入ります。たまごクラブの妊娠出産本に書いてあった内容だと、既につわりのピークなんですけど。あれ? 

 

もう、既にお腹が目立って来ております。Tシャツ着てると、お腹の今まで凹んでいた部分が出てきてるのがよく分かります。もう、お外に出る仕事は厳しいかな(汗;

えっ?11週後半じゃまだ早い?まあ仕方ないですよ、なにせお腹の中に2人入ってますんでw えっ聞いてない?そりゃ、初めて言いましたからw

12週くらいになるまでは、片方が天に帰って行き居なくなる事も多いと言うので、ことさら双子だって考えずにいる事にしました。それ言ったら、安定期に入っても何があるか分からないのが、妊娠出産ですしね。 

 

それでも、子どもの物を買うときとか「もし、片方が天に帰って行っても、2つあっても使えるし」とか自分に言い聞かせながら、同じものを2つ買っちゃうんですよねw

今回も、ロンドンなんかで子どもの物を選んだり、おすすめされた物を買う時に「じゃあ、2つ」って言うと「同じ物(色)で2つ?別々に包む?」って聞かれるんですが「いや、家で使うんでラッピングしなくていいです。双子がやってくるんで」と言うと、欧州の皆さんは大げさなのか、手を叩いてまでおめでとうと言ってくれまして、ちょっと病みつきになってしまったのもありますwww

まだ性別が分からないのですが、男の子2人又は女の子2人だって言うのは、ほぼ確定しました。最初双子って聞いた時には、二卵性だと思ってたんです。最近多いですからね。ところが「1絨毛膜2羊膜性双胎」と言う、典型的な一卵性なんだそうです。一卵性で性別が違う可能性は、稀血で生まれるよりも低いそうです。そう、あの-D-とか言う某薬剤師のような血液型で生まれるよりもねw

 

やっぱり、うちの奥様が他の人とちょっと違うんで、あるいは双子ちゃんも、うちの奥様のお腹を選んでやって来ましたかねえw