読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

病院とプライバシー

今日もうちの奥様のところへ行ってまいりました。今日は日曜日ですからね、病院内も普段とは違った雰囲気でして、入院されてる方がいる病棟の方は大勢の方がおり、外来の方は静まり返っていて少し怖い感じもあります。

 

病院って、居るだけで身内または近い人に何かあったんだと分かってしまうじゃないですか?特に今日みたいな日に病院におりますと、入院している身内または近い人がいるわけです。急患でやって来たのであれば、それはそう言う雰囲気が分かりそうですからね。

以前、病院で会計を待つ時に、名前を呼ばれる事でプライバシーの侵害になると言う論争があり、最近では多くの病院で名前は呼ばないようになってきております。もちろん、個人医院のようなところでは顔見知りばかりで無意味ですがw

入院している事を他人に知られたくない理由がある人は、大勢いるかと思います。もし、この「病院で会ってしまった事でプライバシーがバレる事」を防ごうと思ったら、現段階では「知り合いが絶対に来ないような地域の病院に入院し、極力知り合いに会う可能性を下げる」 又は「入院しない」しか方法がありません。

 

なんでこんな事を書いたと言うか、思ったと言うか・・・ うちの奥様が入院している病院の同じフロアに、なんか見た事ある人がちらほらと・・・

タイ国際航空に乗った時に、タイのシリントーン殿下が同じ便にご搭乗だった時と同じような衝撃を受けております(汗;

うちもバレなければいいけどw

月が綺麗ですね(ほぼ新月だけどw)

新聞を見ましたら今日は月齢28日と言う事でして、明日は新月です。と言うか、今日の月齢って正確には、日本の朝9時=協定世界時0時の時点での月齢なんだそうでして、時間的にはそろそろ、ほぼ新月に偽り無い頃合いでしょうか。

 

昨日と一昨日のブログですが、過去の下書きを掘り返してお手軽に済ませましたのは、実はうちの奥様が入院となりまして、そのため少し前に書きました「ブログやってる場合なのか?」と言う自問自答の結果、ああ言う感じになったわけですw

草生やして笑ってる余裕があるのは、もともと、どんなに安定していても管理入院すると決めていた週になったから入院したと言うだけでして、特に現時点で危険とかそう言う事では無いからです。それでも、奥様が入院となり、しかもその理由が出産ですからね。

 

今日、土曜日なのですが若干仕事がありまして、仕事に行く前と帰りに奥様のところに寄ってきました。「2かいも、来なくていいのに~」とか言っておりましたが、私が行きますとジャニーズのDVDやらBDを止めないといけないので、来なくていいは半分本気の気がしてなりません(汗; 

 

先ほど「月が綺麗ですね」と奥様に言ってから病室を出たのですが、病室から駐車場に向かうまでの間に「お月さま、見えないよ?ネットで調べたら、あしたが新月だから、今日はお月さまは夜見えないんだってさ~」 と、変なスタンプ付きでLINEが入りましたwww

 

おかしいな?病室にいる時には、確かに見えてたんですけどね、月。

 

 

 

 

 

 

 

40過ぎて詩人の真似事のようで、自分で気持ち悪w

本日、コメントはご遠慮下さいwww

amazon 問題

今日ちょっと時間があまり無くて、本日ネタが書けませんでした。と言う事で、前に書いてありました下書きストックから適当に選んで、修正して本日分といたします第二弾ww 昨日よりはマシに手直ししてございます。そんな事は書かなければ分からないのですが、やっぱり気分的な問題ですw

 


 

ここ数年、運送業界の人員不足のニュースが多くありましたが、最近はヤマト運輸の人員不足のニュースに変化しつつある気がします。

原因として、いつも「amazonの荷物が多いから」とか「amazonが低単価で請け負わせるから」とか言われますが、運送業者としたらamazonも配達先も双方がお客様なわけでして、それを言われるがまま放置している現状は何故なんでしょうか。 

 

 

ここから先は、全て私の予想です。

運送業界の人員不足問題ですが、根本のところは別にしましても、誰かを悪役にしたら運送業者に批判は集中しないわけです。ただ、そのほこ先としてamazonと言うお客様を矢面に立たせるわけには普通はいかないと思うのですが、これamazonが「ええよ」って言ってるんじゃ無いかと。明確に承諾はしていなくても「しかたないですね。あはは(苦笑)」と言う感じで、amazonが自社に批判が向くのを見て見ぬ風を装っていると示唆しているのかなと思うんです。

 

その理由なんですが、

amazonは格安の配送料金でヤマト運輸と契約する条件として、超長期の契約をしているのだと思います。それを担保にして、ヤマト運輸羽田空港近くに巨大な仕分け設備を作ったり、全国各地に設備投資をしていると。もし、仮にamazonから契約を解除するとなると、多額の違約金が発生する事になるでしょう。

 米国本土では、amazonが自社配送に出ようとしておりまして、既にフェデックスなどとの契約解除の方向だそうです。なんでも、随分と配送コストが下がるんだとか。その仕組を日本に持ち込み、日本でも自社配送をしようとした場合に、今度はヤマト運輸との契約が問題になる。つまり、社会的要請によってamazonが自社配送にしていく必要があると、そう言う方向に民意扇動する必要があるのではないでしょうか。

当初は自社配送だけでしょうから貨物営業の許可は必要無く、単にトラックを揃えドライバーを雇うだけで配送が可能です。でも、もしそのうちに貨物営業の許可を取り宅配便を日本で始めたら、重要なインフラの一つである物流を外資に受け渡す事になりかねません。

 

また、よくネット上で「amazonは日本に税金を払っていない」と言う情報が溢れておりまして、たしかに法人税は米国に収めております。これ実はamazon的には日本で払っても米国で払ってもどっちでもよくて、以前日本の国税当局がamazonに課税しよとした際に、日米政府間で話し合った結果、米国で直接納税すると決まった経緯があります。なぜamazon的にはどっちでもいいのかと言いますと、日本と米国では税率にさほど変わりが無く、もし日本で払う方が税額が低かったとしても、米国基準で計算した税額との差額を米国で納税しなければならず、結局は一緒なんです。

米国で直接納税すると言う事は、米国から商品を買ってる事になりますから輸入です。いまアメリカはトランプ大統領の方針で、米国の貿易赤字是正に向けて大きく政策を転換してます。このamazonの売上分は米国の貿易収支にとって大きく貢献しているでしょうから、日米間の政府間の交渉では、このamazonの件は非常に有利な材料として効いているかと思います。

 

日本では「損して得を取れ」とよく言いますが、納税地が日米どちらかでは一旦引いた日本が今度はそれを都合のいい材料に使い、より多くの実を取れる事になるかもしれません。

運送業界の問題も本質を見極めて、結果として国益になるような決着が付けばいいなと思っております。

移民と単純労働者

今日はちょっと時間があまり無くて、本日ネタが書けませんでした。と言う事で、前に書いてありました下書きストックから適当に選んで、修正して本日分といたします。そんな事は書かなければ分からないのですが、気分的な問題w

 


 

いつも思うのですが、日本で移民を受け入れるのかどうかの問題を語る時に、労働力としての外国人の受け入れの話もゴッチャになってまして、余計に分かりにくくなってしまっているのか、あるいは敢えて分かりにくくしているのか。

 

移民は、別の国出身の人を「日本で生涯住む事を前提」に受け入れ、住むこと自体も働く場所や種類も一切制限せずに受け入れる事です。法的には、永住資格を与えますので、余程の事がない限り国外強制退去にはなりませんし、万一の際には生活保護などの社会保障も事実上受けられます。事実上と言うのは、本来は生活保護は「日本人」である事が条件になっているのですが、まあいろいろありまして事実上は外国籍でも受けられる状況です。

 

移民とは別に、単純に日本で目的があって一定期間住んでる方も大勢おられまして、国際企業での転勤や留学とかが上位の理由でしょう。この方たち、当初日本に来た時には目的別のビザを取得し、そのビザに沿った在留資格で滞在しておりますが、一定期間経過した上で条件を満たしますと在留資格を永住に変更する事が可能です。

これ、条件を満たした方の多くは在留資格を永住に変更されますが、その中でも移民の方と同じように「日本で生涯住む事を前提」にされている方はそれほど多くありません。永住者になれば自由に転職ができたり、自営業をする事も簡単に出来るようになりますし、もしお子さんがいらっしゃれば、親だけは帰国して永住の在留資格を放棄したとしても、子どもだけそのまま日本に残る事も可能です。

 

つまり、移民として日本にやって来る方の場合「最初から日本で頑張ろうとしてやって来る」方が大半でしょうが、ビザを取り日本へやって来て永住の在留資格を取った方の場合「当初は永住するつもりは無かったんだけど、便利だから永住の在留資格を取れるようになったから取る」と言う事でして、移民よりもそう言う方の方が、かえって日本の国益にはならないと私は考えております。 

じゃあ「お前は移民歓迎なのか?」と聞かれますと、ちょっと微妙なところですね。既に書きましたが、移民よりもむしろ、ビザを取って日本へやって来てから永住の在留資格を取る方のハードルを上げて欲しいと思っていると言う感じでしょうか。 

 

よく移民受入推進派の方が、将来の労働力不足をあげられますが、あれってもっと簡単に解決させる事が出来るんですよね。今現在は非常に限定的にしか発行されない「単純労働ビザ」を大々的に発行すればいいんです。

・仕事内容は単純労働のみ

・居住は部屋を雇用主が必ず用意する

・健康保険は事業主が本人分も負担

・厚生年金は加入しない

最低賃金は別基準

・家族同帯での来日は原則不可 

単純労働の在留資格から、永住の在留資格への変更はこれを認めない

また、これとは別に、看護や介護に関するビザや在留資格の見直しと、医療介護関係資格の2カ国間取決めで相互認証を行い、日本で資格を取り直さなくても看護師や介護士として働けるように、早くしてほしいと思います。まあ、それでも日本語能力試験N2くらい(中学生程度の日本語レベル試験)は課した方がいいかもしれませんが。

 


 

それと、いまこのブログ更新して表示をチェックしましたら、

↓これ

f:id:yuan2:20170223210147p:plain

やけにmineoの格安simで「法人向け」の宣伝バナー広告が表示されまして、ピンスポットで狙われている気がして、ちょっと後ろ振り返ってみたりwww

法人だと、プリペイドsimがお試しで2枚までプレゼントしてくれて、法人契約だと2回線以上の申し込みで個人だと事務手数料が3000円なのに1000円になるんだそうです。まあ、個人でも何とかパック買うと1000円らしいので変わりませんが、ここまで法人を取り込みたい格安sim会社も珍しいかなと。

学校の役員とベルマーク

うちの母、私が小学生だった頃はいつもいつも「PTAの役員って、ほんと面倒ねえ」と言っておりました。うちは自営業と言いますか、家で仕事をしていたため母は暇にしていると周りの方は思っていたのでしょう、何年かに1回何かしらの役員を押し付けられる感じでした。実際の現場と言うか実作業自体は父や祖父、それに父の弟の叔父ら男連中がしておりましたが、会社を実質回しているのは祖母と母でしたからそれは大変そうでした。

私が小学校高学年になった頃に叔父が結婚してからは叔父の奥さん、当時はまだ若かったので「お姉ちゃん」と呼んでおりましたが、私から見て義理の叔母が母に変わって私のクラスのPTA役員を代わってやってくれてたりしました。それはそれで、他のお母さんたちが30代40代なのに、まだ20代の母親代わりの叔母さんが学校に来てたりしますと、妙に恥ずかしいような、変な優越感があるような。その頃は、思春期坊やなので仕方ありませんwww

 

いや、家業があるから大変と言っても、まだ代わりにやってくれる人が居たりする分だけマシかもしれません。うちの会社でもお子さんがいらっしゃる方が働いておりますが、お子さんが体調悪くてお休みとかならまだしも、PTA役員の仕事で有給取ってとか気の毒です。

私が中学に進学した時、当時は私の住むあたりではまだ珍しかった私立中学に進学たことで、母が何を一番に喜んだのかと言いますと「これでやっと、PTA役員とかしなくて済むよ」だそうです(汗; まあ、実際には全く無いのではありませんが、公立の小中学校のようなベルマーク集めて仕分けとか、そう言うのは一切ありません。いや、もしかしたらどこかの学校さんにはあるのかもしれませんが、少なくても私が知る限りは無いと言ったらいいでしょうか。 

 

最近と言うか、一緒に住み始めた1年ほど前くらいから、うちの奥様はベルマーク集めております。理由は簡単でして「こどもが学校に行くようになってから集め始めても遅い」と言う事ですw 私も「ベルマークがあったら捨てないでね」と仰せつかっておりまして、せっせと夫婦で集めておりましたら、最近は例の見習い家政婦さんにも指示しまして集めております。

これ「ベルマークって集めても、後でPTAの役員さんが仕分けするのが凄く大変なんだよ」と言う話をしたところ、なんとベルマーク番号(発行会社)毎に仕分けを始めまして、今ではファイルにきちんと区分けされております。そうなんですよね、実はベルマークって学校で集める前に各家庭である程度仕分けしておけば、相当PTAの役員は楽になるんですよね。

 

つい先日「ベルマーク随分キレイに仕分けされてるけど、でも他のお宅が学校に持って行くのは仕分けされてないんだから、うちだけ仕分けしてあっても焼け石に水だよね。結局、PTAの人は大変なままだよね」と奥様に申し上げましたところ・・・

 

えっ、大丈夫だよ、わたしPTAやるから、
わたしが分けるよ?

双子ちゃんだから2回PTAやるんだよね? 

 

そっか、うちの親とか世間の話しか耳に入ってなかったから、PTAの役員やりたい人がいるとは思わなかったw でも、考えてみたら叔父と結婚したばかりの頃の叔母も、私の通っていた小学校に母の代わりに来てPTAの役員やったりしてた時、割りと楽しそうにしておりました。

PTAの役員って、やりたいと立候補するのは余程の精神力が無いと「ねえ、あの人PTAの役員やりたいなんて、目立ちたがり屋なのかしらねえw」とか、母親同士の陰口に耐えられませんw

うちの奥様のような天然系宇宙人の場合、全くそう言うのは気にしませんので、もしかしたら本人がやりたい以上は適任なのかもしれません。が、

 

あの~、双子ちゃん・・・

私立に入れるって言ってませんでしたっけ?

公立だと芸能活動とかってダメみたいだよ?

じゃあ、ジャニーズは諦めるの?

 

と、奥様に聞いてみましたところ、 

 

ベルマーク集めるの
もう止める!

 

だ、そうですww 

うちの奥様いつも極端なので「とりあえずベルマークは集めておこうよ」と説得するのに、随分と苦労しました(汗; 

地方の大学生が就職大変な理由が分かった

先日のブログで書きました「人足んねえから新卒追加採用」作戦を本当に欠航決行し、本日面接を行いました。

yuan2.hateblo.jp

 

ずっと疑問だったんですが、なぜベストを尽くさないのかby上田教授なぜ地方の優秀な学生が売れ残ってしまうのか。いや、大学名で足切りやフィルター掛けてる超一流企業さんは別ですが、首都圏のそこそこ大学でもOKな、東京周辺にある心の広い企業さんにとったら、採用するのは首都圏の大学出身者でも地方の大学出身者でも優秀な方(ほう)でいい筈なんです。

その理由が分かりました。昨年の4月に入社した2人、今年の4月に入社予定でインターン中の3人、そして今日面接した2人に聞いてまとめたものがこちらです↓ 

 

真面目すぎて、ズルい就職活動を一切していない。

以上。 

 

え~、私が就職したのは大氷河期時代ですが、本当に申し訳ございません。先に謝っておきます。実は3年生のうちに、結果として卒業した時に就職した企業から内々定が出ておりました。そして、ズルい私は本当の希望であった国家公務員となるべく・・・・国家公務員試験を受験し、その情報を知った内々定を出している企業からは、官庁訪問の解禁日からオリエンテーションへの産科参加を指示されたのですが、急に数年前の事故で炒めた痛めた足が激痛と言う事で、病院へ行く必要が生じたわけですwww

と言う、首都圏の大学生でしたらズルいテクニックを駆使してまで、自分の人生を左右させる就職を乗り切るのですが、地方の大学で3年以上を過ごしますと、純粋無垢に育った・・・ と言う事は無いでしょうがw まあ「みんなと同じようにルール通りに就職活動しましょう」と言う感じになってしまうようです。

 

他にも「地元企業、又はその地域に本社を置く企業を優先する」とか「その中でも、なるべく大きな企業から受ける」と言う事をしているうちに、どんどん行き場が無くなりまして、就職自体が厳しい結果に。また、最初から東京や大阪を狙っているような学生でも、とにかくズルくないので、就職活動解禁日には、既に首都圏や関西圏の学生は、企業の人事担当者と面識がある状態になってますから勝てません。

特に、うちの会社で採用するような語学力を中心とした学習をしてきた学生さんは、地方の地元企業等では全くその能力が活かしきれないため、どんなに高い語学力を持っていても就職活動を征する武器にならないんです。

これね、地方の大学の就職相談室の担当者とか、首都圏の大学で同じ仕事してた人をヘッドハンティングした方がいいと思うんですけどw

 

地方の大学生諸君!人生を左右する就職活動は、
多少ズルするくらいでちょうどいいぞ!

敵(首都圏や関西圏の学生)はズルいんだ、
諸君が多少ズルするくらいで、バランスが取れる。

以上。 

 

さて、今度は社宅が足りねえなあ(汗;

 

 

そう言えば、ハワイに行かれる方がおられるようで\(^o^)/ ハワイ、回数だけは異常なほど行っておりますが(1回除いて全部仕事w)何度行ってもいい場所です。めちゃめちゃ楽しんできて欲しいと思います。両替は、日本でするよりDFS裏の両替屋さんの方が全然レートがいいですよ\(^o^)/

 ↑ ここまで一般の方用

 

 ↓ ここから濃い方専用w

ハワイのキャ◯はボッタクリで、しかもビ◯免除かF1・M1ステータスばっかですけど(汗; ああ、たまにDV1が大きな顔しててw「私DV1じゃ無いし」って言うからGC見せてもらうと、F1かなんかから国内でステータスチェンジしてるからDV6だってだけだったりwww 日本人ミ◯妻が闊歩して歩いてるところがハワイらしいっちゃハワイらしい・・・

教員免許状の更新

先日、教員免許状を更新いたしました。大学生の時に教育実習に行き、教員免許状を取ってはいたのですが、全く使う事なく実家のタンスの肥やしと化しておりまして、もうこのまま一生使う事も無いだろうと思っておりましたところ・・・

とある施設の設置者になるために「児童に関する経験又は資格を示せ」と言う項目がございまして、本来は現在教員、又は教員として就職が決まっておりませんと教員免許更新講習は受講出来ないのですが、免許管理者から指示されまして受講しました。免許管理者とか法律に書いてありますが、簡単に言えば都道府県のお役人様ですね。私で言えば、大学が東京でしたので東京都です。

 

私、法学部を卒業しておりますので、教員免許状と言っても教育学部の方が取るような教員免許状のメインストリームである小学校では無く、中学校社会科、高校地理歴史・公民だけです。でも、実は「とある施設」と言うのは全く中高生対象では無く、ハッキリ言ってガキ小さい子対象なんですが、それでも「児童に関する経験又は資格」として、中高社会系教員免許状でいいって言うんで、何だかな(汗;

実は、大学時代に教員免許か学芸員は取っておこうと思っておりまして、私の行っていた大学ですと、教育実習は全員が4年生の時でしたので割りと希望者が少なく、通信制で教職課程を取ってる方なんかも一緒に公儀の隠密講義を受けたりして、割りと楽しかったです。なんで教員免許を取り学芸員は止めたのかと言いますと、教育実習の方が人気が無かったのとは別に、学芸員過程は文学部の管轄でして、文学部に行くの自体が嫌いなんですよねwww

 

今回私は通信教育で教員免許状の更新講習を受けまして、レポート出して修了試験を受け合格しました。ハッキリ言いまして、自分で体験して分かった事ですが「教員免許状更新講習なんて、なんの役にも立ちません」ほんと、金だけ掛かる無駄な仕組みを作ったものです。これ、ヤンヤヤンヤ言って作らせた方は自己満足でしょうが、作った文部科学省は新しい利権が出来て、さぞ喜んだでしょう。

 

最近、天下り問題がクローズアップされてまして文部科学省も大変ですが、あの天下り自体は全てが否定されるものでは無いと思うんです。それこそ、中央官庁で高い地位まで上り詰めた方ですから優秀な事は間違い無く、ただ再就職方法がマズかった。欲しい企業は実は結構あるのですが、天下り受け入れとか言われるのを避けるように採用出来なかったりもあります。

ほんと、ごく一部が碌でもない事をすると余計にその後が大変になるので、よく考えてやって欲しいです。バレないようにするなら、徹底的にバレないようにw