読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

出発で珍しく昼便

今日から香港なんですが、珍しく夜便では無く昼便です。これ、夜に出発する便の呼び方は夜便でも夜間便でも深夜便でもなんでもいんですが、昼間のフライトっていつも迷います。昼便昼間便だと早朝発は違うような気もしますし、早朝便はそれはそれで一つのカテゴリーでしょうが、でも夜発かどうかで二分するなら、昼間のカテゴリーに入るかと思います。

国内線のように沢山の便があるのでしたら、午前便午後便みたいに分ける方法もありますし、ここに早朝便夜間便を加えても大丈夫でしょう。

高速路線バスなどでは、夜間便に対して日中便と言う名称も使ってるようですが、航空便で日中便と言えば「日本-中国」間の路線便ともとられかねません。

 

で、結局なんて言うのが正解なんでしょうね?

 

英語では、昼間の便は Day Flight そしてある特定の条件を満たした夜間便は Red-eye flight と言います。これ、結構詳しい方でも、深夜便は全部 Red-eye flight だと思われてる方もおられますので、注意が必要です*1

基本的には深夜発の東回りにて早朝に到着する便の事を指します。これは、深夜発で標準時間帯をいくつも跨ぎ、到着時には時刻を進める必要があるため、睡眠時間が取れずに目が充血して降機する様から来ております。

 

で、何の話でしたっけ?

 

そうそう、タイトルにしましたように、最近は行きも帰りも深夜に出発する便が多かったのですが、今日はめずらしくこれから香港へ向かいまして、昼と言いますか朝出発する便に搭乗いたします。

なんで夜発の便を使う事が多いのかといいますと、夜飛行機に乗ってる時、日本の事務所で問題が発生する事が無いためでして、なるべく日本の昼間は連絡が取れるようにしておきたいからです。

じゃあ、なんで今日は昼間便をあえて使うのかと言いますと、今日は私以外にも3人ほど一緒に香港へまいりますので、私以外の3人は社員ですから当然就業規則を守らなければならないわけです。そうすると、夜発の便で出張に行きますと前日の出発前にお休みを入れないとならず、そして飛行機に乗ってる最中は仕事と言う事になりますので深夜勤務として賃金と出張手当に割増が加算されます。

どうせ昼間お休みと言っても寝てるわけでは無く、夜飛行機に乗ってて勤務時間と言っても仕事してるわけでも無く、だったら昼間移動してしまえと言う事ですw

 

ええ、ぶっちゃけ経費節減のためですw

 

あと、今日行く中で香港IDを持ってるのが私と某不良薬剤師だけですので、秘書子5号と7号には、香港の入国審査を自動ゲートで受けられるように登録と、パスポートへ自動ゲート通過用のバーコードを貼ってもらわなければなりません。これ、昼間しか受付してくれないんですよね。

 

 

ああ、朝からお前ら・・・、そんなにラウンジでおにぎり食ってるなよな(汗;

それと、不良薬剤師!「あ~あ、エコノミーやだなっ、エコノミーやだなっ」って、もううるさい・・・、7号!うちの奥様(未)とLINEして、お土産の追加要求されてんじゃねえよ・・・、5号!オレンジジュースこぼしたら、コースター敷いて誤魔化すんじゃ無く、ナプキンもらってきて拭け・・・、俺は女子校の先生かよ!こいつら全員いらないから、秘書子1号か2号のどっちか1人来てくれた方が全然楽なんだけど(汗; いや、現時点で居ない方が楽な秘書って一体・・・

*1:ただし、航空会社によっては深夜発ー早朝着便を全て Red-eye flight と便宜上呼んでいるところもあります