読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

モスキート音発生装置

大人には聞こえない音と言われる、非常に高い周波数のモスキート音を出すモスキート音発生装置、一時期問題になったのですが、いまだに街中に多く存在してます。

なぜ?なぜって、設置した後で設置した本人が忘れたり、お店などで設置した担当者が異動や退職で誰も知らなかったり。しかも、本当にほとんどの大人が聞こえないらしく、本当に気が付かないんです。

実はこれ私、聞こえるんですよね。

 

「何でこんなところに設置してあるんだよ」と言う場所の堂々第一位は、まだ浜松町にポケモンセンタートーキョーがあった時、ポケモンセンターの入り口に設置されておりました。子どもが多いので、ポケモンセンターの入り口に集まってしまうと邪魔だから設置したのでしょうが、これはさすがに酷い・・・ 

 


 

東京は、今日は一日中雨が降ったり止んだりして、スッキリしないお天気でした。ちょっと用事がありまして上野、と言うか上野と秋葉原の途中の御徒町に行きまして、あの「さくらパンダ」で有名な百貨店さんの近くを通りかかった時です。随分と前の、今日と同じように雨が降っていた日の出来事を思い出しました。

今日と違って雨は降ったり止んだりでは無くずっと降っていて、しかも寒い季節では無かったので、梅雨くらいだったのかもしれません。

 

小さい女の子がを連れたお母さんが、この百貨店の裏通りにあります立体駐車場の軒下で雨宿りをしていたのか、誰かを待っていたのか、そんな雰囲気でした。ただ、非常に不機嫌でして、不機嫌な理由は小さい女の子が駄々をこねて言うことを聞いてくれないからと言うのは、話してる内容から分かりました。 

その女の子は「ここ、イヤ」と言うような事を言っておりまして、まだ2歳くらいだったのでしょうかね。お母さんは、女の子がワガママを言ってるんだと思いこんでいるのですが、実はその場所の目の前にあります宝石店の入り口付近に、モスキート音発生装置がありました。

いつも通りかかる度に「うっせーなw」とか思っておりまして、その日も通り過ぎるだけ一瞬我慢すれば済むのでさっさと通る予定だったのですが、この親子に会ったと言うわけです。 

 

変な風体のオッサンから話しかけられたらビックリするでしょうが「あの~?」と低姿勢で話しかけ、そのお母さんは超不機嫌そうなまま「何か???」と、なんか文句あるのかよ?バリに返された記憶がございますwww

「ここ、普通の大人には聞こえない、凄く高いキ~ンとした音が子どもに聞こえるんですよ。黒板を爪でずっと引っ掻き続けられているような感じで、お子さんにはずっとキ~ンと聞こえてると思いますよ」そうお母さんに言うと非常に驚いておりまして、女の子に「お耳痛いね?」と聞きますと、うんうんと頷いておりました。

 

誰にでも管理が出来る物では無く、しかし専門知識を持った者以外も自由に購入設置ができ、その使用目的は「特定の弱者を攻撃するためのもの」

これ「中高生の不良がたむろしなくなる」とか言う宣伝文句で普及させた過去がありますが、物言えぬ子どもたち、動物たちには聞こえて苦しんでおります。また、一部でしょうが大人でも私のように聞こえてしまう者もおります。

これ、たとえば「車椅子に乗った人が大勢来ると邪魔だから、あえて入り口に段差を設置しました」 とかと、やっていることは一緒だと思うんです。うちの会社で働く車椅子の方の1人で「階段あると、どう攻略しようか燃えるんですよネ」とか言うアグレッシブな方の場合には、逆効果になる恐れもございますがw

 

ちなみに、うちの宇宙人奥様もモスキート音バッチリ聞こえます。夫婦でモスキート音聞こえるので子どもたちにも遺伝して、モスキート音が聞こえるまま大人になるのかもしれません。

これ、モスキート音が聞こえると音楽的に何か有利になったりしますかね?ほら、例えばジャニーズの選考に通りやすいとかww