読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

久しぶりにパスポートに帰国印

本日、英国から帰ってまいりました。 いつもは帰国審査は自動ゲートを使い出入国のスタンプは無いのですが、今回ちょっと都合がありまして、入国審査官の方に帰国印を押して頂きました。

自動ゲートを使っても、外国籍の方ですと入国印の押印や入国ラベルの貼付が必要になる場合もありますので、自動ゲートからも一番端の審査ブースに抜けられるようになっております。多分そのブースの入国審査官の方が、一番いろいろな作業をこなすのでしょう。帰国印を頂こうと思いパスポートを出しましたところ、間違えて「職印」押されましたww

入国審査官の方の職印って普通の方は見たこと無いかもしれませんが、何か間違えてスタンプ押した時に「VOID」と一緒に押したり、帰国印や出国印の日付が不鮮明だったりした時に、それらのスタンプは二度押しはしてはいけないので、日付証明のために帰国印や出国印に少し重ねて押したりする日付入りのスタンプです。

帰国して家に一旦寄った時にパスポートは置いてきてしまったので、会社にある古いパスポートに同じスタンプが無いか確認したところ、ありました!この赤枠で囲ってあるスタンプが、入国審査官の職印です。

f:id:yuan2:20170130192230j:plain

しかも、職印は黒いスタンプインクで押す事になっているのに、帰国印と間違えて押してしまったので、青いスタンプインクで職印と言う極めてレアなスタンプになりました。スタンプ押した瞬間に私が「あっ!」っと言いますと、入国審査官の方は一瞬なにがあったのか分からない顔をしておりましたが、次の瞬間にパスポートを見て「あっ、あ~~~」と苦笑い。職印に二重線を引いてVOIDを押し、その横に黒スタンプで再度職印を押して訂正されたので「帰国印のページ使いたいんで、別のページに押してもらっていいですか?」とお願いしましたら、ページ何ページかめくりまして帰国印を押し「パスポート汚しちゃてすいません」と言いながら返却してくれました。

以前、外国人の方の入国時に「上陸許可」と言うスタンプを押していた時代、私のパスポートにも上陸許可のスタンプを頂いた事がありまして「上陸許可のスタンプもらった時よりマシですよ」と言いましたら「いや、昔はよくやっちゃったんですよね」と恥ずかしそうに言っておりました。

いや、それはマズイだろうよw

 

入国審査官や税関職員の方も人間ですから、話しかけると割りと普通に話してくれたりとかもあります。中には私語厳禁を自分自身に課してるような方もおられますが、挨拶したり簡単な雑談くらいはしてくれますよ。

以前、会長(id:fxse)様がアメリカのサンフランシスコでカニを買って帰ってきた際に、発泡スチロールに入った様子に税関職員の方が興味津々で、会長様が「中、見ます?」と聞いたところ「検査うんぬんでは無く、ちょっと見てみたいですね」と仰って、発泡スチロールの蓋を開けてカニをお見せした事があったそうですw 立派なカニですね~と言う話になり「お仕事中で無ければ、お一つどうぞと言いたいところなんですが」と言ったら「いや~、非常に残念です」と名残惜しそうだったとかwww 

なんて、人間味あふれる税関職員w

 

そうそう、税関職員って税関で働く方の総称なんで、入国審査官のような官職は「財務事務官」と言います。

あと、凄いどうでもいいのですが、入国審査官って官職名が入国審査官である以上、出国審査してる方も入国審査官ですのでw

 

さあ、早く家帰ろっ!

えっ、まだ帰れないの?帰れま10?w