読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

「今月の最終スケジュールがやっと決まった」でござる๑

今月の最終スケジュールがやっときまった感じでして、英国出張がいつもと同じように強行スケジュールの、25日の水曜日に日本発-29日の日曜日に現地発です。あれ?こう見ると、あまり強行スケジュールじゃ無いように見えるのは、もはや感覚が間違っているのか、それとも本当に強行スケジュールでは無いのか・・・w

 

こんな直前に海外出張なんて決めて「さぞ航空券は高いのでしょう」みたいな事を聞かれる事もたまにあるのですが、実はそれほどでも無いんです。と言いますのも、今回英国へ行く航空券は、前回英国から帰ってきた時の復路でして、英国から日本行きの3ヶ月変更可能と言うチケットです。しかも、英国はブリティッシュエアウェイズ天下ですので、スターアライアンス系の航空券が割りと安く買えたりします。

例の旅行代理店との保証金問題なんかも昨年はありまして、国内で航空券を買うのを若干抑え気味にしていましたところ、シンガポール往復や香港往復の時だけやっていた「現地発券」を、まさか英国でもやる事になるとはww 若干、毎回毎回ルートを変更したりで追加料金とか掛かったりしておりますが、それでもこの方法の方が短期間で欧州出張が多い場合には安いです。ただ、目的地がドイツやスイス、 スカンジナビアの場合には、スターアライアンスのメッカですので逆に高くなったりします。例えば、東京からフランクフルトまでビジネスクラスで65万円で、東京からフランクフルト乗継ヒースローまでビジネスクラスで55万円とかw

そして、今回でこの英国連続出張も最終になると思われますので、最後に英国から東京までの復路を残してあったチケットを使って終了と。なんか少し寂しい気もするのですが、まあいいでしょう。 

 

そして、以前行って壮絶な思いをしたマルタ共和国マルタ島・・・ 今回どうしても行かないとならないかと思っておりましたところ、なんとシンガポールのアレックスさんが「行く行く~!オレ行くよ~!」と言うので代わりに行って頂ける事になりました。一応念のため「彼女の分は、航空券代出ませんけど」と申し上げましたところ「そんなこと、分かってるって。大丈夫、自分で出すから」 ああ、連れて行くのねw 更には念を入れまして「『マレーシアパスポートでビザ免除で入れるか分かりませんから・・・』ちゃんと調べておいた方が」と続けようかと思いましたところ、途中の『 』内だけで遮られ「大丈夫!大丈夫!ちゃんとビザ免除だって調べてあるから」ああ、連れて行く気満々で既に調べてあるのねww

マルタ島、新婚旅行のメッカらしいですよ?そんな所に40過ぎたオッサンが、女子大生の彼女を連れて行って犯罪にならないものでしょうか?ちなみに、ドバイ首長国を除くUAEの多くの首長国では、未婚カップルが同室にお泊りすると違法です。まあ、今回は行き先がドバイでは無いのでいいのでしょうw 

 

帰路は29日の日曜日に現地英国発ですので、月末の用事に合わせて帰ってくる気満々と言うか、そのために常務に調整されたと言いますか。「奥様が出産されてからの方が大変なんですから、今のうちに消化出来るだけ、先に消化できる仕事はやっつけちゃって下さい」と言われたら、グーの音も出ないわけですが(汗;

やっぱり今月、アメリカも行くなんてのは無理ゲーでしたw 来月はシンガポール1本だけで済めばいいなとは思います。ああ、シドニーも行かないと、ああ、ロサンゼルスも行かないと、ああ、メキシコも行かないと、ああ、ああ、ああ、ああ・・・

 

暫くは、毎日の更新がもう少し簡単な内容になるかと思います。