読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

今月も、終わった~

完全な月末の最終日、本社に関しては午前中くらいまでで超ハードワークは終了します。そんな感じですので、先月はこんな事をしましたw

「定時にならなくても、定時まで働いていた事にする」と宣言しましたら、もうそりゃ皆さん、凄い勢いで仕事片付けておりまして、4時くらいから「本当に帰っても、よろしいんでしょうか?」と聞いてくるパートさんが何人かおられましたので、更に追加条件で「5時半までに帰ったら金一封1,000円、次回給与で支給」まで付けたら、まあ、どんどん帰る帰るwww

yuan2.hateblo.jp

実はこの金一封の1,000円、社会保険労務士さんから怒られちゃいまして、今月はもう金一封は出来ません(汗

それでも「定時にならなくても、定時まで働いていた事にする」に関しては大丈夫ですので、今月も午後4時過ぎましたら定時まで働いていたと言う事で帰宅していいと申し上げますと、パートさんたちは凄い勢いで午後4時までに終わらせようと必死ですw これ、別にそう言うんじゃなくても、普段から凄い勢いで働いてくれてもいいんですけどねえ・・・

先月早く帰れた皆さんに聞いてみたところ、やはり家で待ってる子どもが小さいご家庭の場合、早くお母さんが帰ってきて嬉しそうだったと。中高生が待っているご家庭の場合は、そこまででは無いと言うか、早く帰ってきてウザがられたとか(汗;

あと、平日がお休みで家におられた旦那さんに「早かったね」と言われたので「定時にならなくても、定時まで~」の話をしたところ、「常識で考えてそんな会社あるはず無いんだから、何か悩みがあってパートに行くのが嫌なのでは無いか」と、心配された方がおられたとか(汗; 非常識で、どうも申し訳ございませんでした・・・

 

これ、でも実際にやってみますと、定時より早い時間に月末で必要な仕事は全部終わると言う事が分かります。だかと言って契約があるんで、普段から変形労働時間制で働いてないのに「月末だけは暇だから早く終業して」は出来ませんから、そうすると通常は、その1時間ちょっと分をダラダラと引き伸ばして働く事になるのでしょう*1

だったら、1日の作業量として変わらないのですから、有給で早く帰してしまっても同じ事なんです。しかも、その1時間前後の時間で、相当喜んでくれる。会社にロイヤリティを高める効果たるや「お時給1時間分でどれだけ~w」って感じですw

それと、その時間帯に突発的に発生した事案に関しては、実際にお願いするパートさんが既に終業退社してますので結果として翌営業日でいいやと言う事になり、パートさんだけで無く正社員の残業も無くなりました。しかも翌営業日は、いっつも「暇で暇で」と言う月初ですので、仕事残しておいた方がいいんですよねw

 

と言うことで、今日もチラホラと帰り始めているパートさんが出てきております。ちなみに、事業所内保育所でお子さんを預かっている方は、先月はお子さんが「まだ帰りたく無い。◯◯ちゃんも帰る時に、一緒に帰りたい」と言い出しまして、早く帰ると言う事が出来ませんでしたwww その◯◯ちゃんのお母さんは、正社員なので早く帰れないんですよねえ。残念!

 

先月の月末はちょうど週末でしたので、最近は週末が微妙に忙しい常務さんは、先月は「あの・・・、私、最後まで残った方が、いいでしょう、か・・・、いいんでしょうねえ・・・」とかブチブチ言っていたので先に帰したので、今日は私とHG取締役は早く帰ります。お互いに奥さんが帰りを待ってますし、HG取締役の方はお子さんもおりますんで。「いや、うちも、もう少ししたら出てくるんだから」と変な意地を張ってみたりw

 

さて、あと2ヶ月で今年も終わりと言う段階になりまして、あとシンガポールに2回、マン島(英国)に1回、できたらアメリカ+メキシコに1回で年内の海外出張も終わりか・・・ そう思っておりましたら、今日突然、怪鳥会長様から、

キプロス・・・」

へえ、そこってシリアとかレバノンの左側でしたよね?んで、んで、イスラエル経由で行っていいんですかね?トルコ経由だと、北キプロス問題とかいろいろあるそうじゃないですか?へ~、キプロスね?へ~

来年、マルタ島に行く時に一緒じゃダメなのかな?これ某Mさんとかなら、喜んで行ってくれるような気もするんですけどw キプロス・ラルナカ国際空港(LCA)、聞いたことねえな。まあ、LHでFRA経由で行けるみたいだから、いいけど・・・

キプロスサブレ、売ってるかな?

 


*1:難しく言えば、生産量は変わらず、時間当たりの生産性も、給与額が一定であれば労働時間に関わらず同一と言う事になります