読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

妊娠中の外出

実は昨晩、珍しく奥様と少しだけケンカしました。ケンカと言う程では無いのですが、少し口論といいますか、いつもは私が簡単に折れるのに今回は全く折れないので奥様がイライラしたと言いますか(汗;

原因は「年末年始の予定をどうするか」でして、うちの奥様は「どこかに行きたい」と言うのですが、大晦日には既に26週に突入しており、普通に1人お腹に入っているだけなら安定期なのですが、双子では「安定期は無い」と言われており奥様本人も分かってはいるんです。が・・・

正直、たった今ですら、買い物なんかにも行って欲しくないくらいでして。まして、今はまだ週に何回かですが仕事もしているので、それすら早くお休みにして欲しいんです。まあ、仕事に関しては突然お休みするとかは無理と分かっていたので、調整はしているようですけど。

年末年始、私としては何かあったら病院まですぐの自宅で過ごし、せっせと家事をするつもりでおりました。奥様的には、特に問題無ければどこかに行きたいと思っていたようでして、具体的には温泉とか・・・ 温泉地って、だいたいが少し山間部じゃないですか?もし何かあったらと思うと、気が気じゃないわけです。

 

土日に一緒にお出かけしますと、うちの奥様が思っている以上に街中は妊婦さんにとって危険がいっぱいです。走ってくる子ども、前を向かずに歩くサラリーマン、歩きスマホの若者、我が物顔で闊歩している老人・・・

ふと、弱い立場の視点から見るようになりますと、妊婦さんだけでは無く、杖をついた方や盲導犬など介助犬と一緒にいる方、足腰が弱ってきている方など、危険が非常に多かった事に気が付きます。 それは、バリアフリー化などのハード的な部分よりも、人を気遣う気持ちと言うか心と言うか、ソフト的な部分が危険を作り出しているような感じでして。

諸外国から来られた方が「日本は凄い」的な発言をされている事を、ネット上でよく見かけます。「人を気遣っている」ような書き込みも多くありますが、あれって自国と比べた場合を書かれているのであって、決して日本も完成しているワケでは無いと言うのが最近の私の気持ちです。

 

うちの奥様が妊娠中に世の中を変える事が出来るほど、私に何か力があるわけでも無いので、奥様には危険は避けて過ごすようにしてもらうしか無いのですが、仕事もまだある事ですし籠の鳥と言うわけにも行かず、どうしたもんですかね。

 

ちなみに、うちの奥様も既に1回、電車に乗った時に「妊婦だからって、そんなに偉いの?」をやられております。その時は優先席の前に立ったそうでして、お腹を擦ったらご婦人に言われたと言う事で、別に座らなくていいやと言うときには、あえて優先席では無い座席の方に行くことにしているそうです・・・

それでも、割りと若い方が席を譲ってくれる事が多いらしく、我が家に双子ちゃんがやって来ることになった日に書きましたこの記事

yuan2.hateblo.jp

ここに登場しました子たちも、やはり女子高生でした。その時も書いたのですが

最近「日本の将来は悲観してばかりでは無い」って思えることが、結構あります。今日の事もそうですし「子供たちは大人の思ってるより、もっともっとシッカリしてる」そう思える事が、多くあります。

うちの奥様が妊娠中には、うちの子たちが生まれてくるまでには、世の中が変わるのは無理かもしれませんが、うちの子たちが大きくなって結婚して家庭を持って、そして奥さんが妊娠するくらいには、安心して外出出来るような世の中になってればいいなと思います。

 

とりあえず、年末年始のお出かけは保留と言う事になっております。