読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

つぶやき程度の更新 in ロンドンシティ

いやあ、マン島行く前にロンドンで用事が出来るとは・・・

 

と言う感じでして、多分いまこの段階で更新しておきませんと、今日のエントリー無しになってしまいますんで、つぶやき程度の更新です。

 

英国への入国って非常にうるさくて、ヒースローとか地方空港ですと、あれやこれや言われるのですが、このシティ空港ですと比較的スムーズに入国出来る感じがします。

お客さんの人数も少ないでしょうし、あと、シティで働く又は用事がある人が大半なので、そこら辺も理由なのでしょう。逆に、たまにバックパッカーがおりますと、徹底的に攻撃にあったりもしてますんで、そう言う方はヒースローの方をおすすめします(汗;

 

ほんと、スマホ更新の間に合わせの感じなんですが、もしかしたら後で少し追加するかも、しないかも。

 


 

ちょい追加しまして、いまロンドン市街なんですが、先月と比べるとEU離脱の悲壮感って言うか、そう言う雰囲気がだいぶ少なくなってる感じでして、なんか喉元過ぎればみたいな感じを受けます。このまま、何事も無かったようにEUに留まり続けるんじゃ無いかって思うくらい。

 

いま、もう一度国民投票をしたら、まず間違いなくEU離脱は否決されると思うんですよ。そう言う状況って、やっぱり良くないですよね。

もしEU離脱を可決するとこうなりますよ、そう言うのをきちんと提示した上での投票ならいざしらず、将来への悲観、将来への楽観、そう言う部分だけ押し出して、いつもの国政選挙と同じような感覚で国民投票を行ってしまった。

いまの喉元過ぎればの状態が、実際の手続きが始まった段階で現実に引き戻され、次に夢から覚めた時にはどうなっているのか。今度は寝たまま起きないでいられる事を願うのでしょうか。

 

な~んて、ロンドンの街中を見ていたら、そんな難しい事を考えてしまいました。

 

つぶやき程度の更新なんで、支離滅裂はお許し下さい。