読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

四半期決算株主総会

昨日、本当に簡単に出張先での用事も終わりまして、いや、待ってる時間にパソコンカチャカチャしてた時間の方が長かったかもww お昼すぎには東京に戻りました。

で、そのまま会社に戻ろうと思いましたら、東京駅に着いた瞬間に同行しておりました秘書子7号が「あの・・・、あいす、まだ買って頂いてないんですけどぉ・・・」って(汗;

コイツ、どうせワザと東京駅に着くまで黙ってたんです。出張先だとコンビニで買って終了、帰りの新幹線の中で指摘すると車内販売で買って終了、だから東京駅に着くまで黙ってたんです・・・

最初から、行きの新幹線の中で買い与えておいた方が安上がりだったぜ\(^o^)/

 

 

さて、東京に戻りまして昨日は大切な要件がございまして、本社と呼んでいるうちの会社の第一四半期決算株主総会を行いました。別に上場しているわけでも無いので四半期決算自体が不要でして、しかも株主総会まで開く必要は全く無いのですが、うちではやってます。

決算自体をする意味は、連結子会社や関連会社の決算期がまちまちなため、その子会社等の決算を含んだ数字をきちんと把握しておきたいためです。会計ソフトなんかでワンタッチで表示されるんですけどねw

株主総会を開催する意味は、どうせ子会社等の決算株主総会を開くので、ついでですww いや、実際に "ついで" それがメインです。完全子会社の株主は "本社と呼んでる会社" ですので、株主権を行使するのはその会社の代表者である私となります。そして、その本社の100%株主さんは膨張w傍聴する権利を行使できるので完全子会社の株主総会にも来ており、同時に本社の株主総会も出来ちゃうわけです。完全子会社じゃ無い場合でも、ほんとんどは過半数の株を保有してますので、通常は同じ感じです。 

 

それと、現在はあまり縛られませんが、取締役の報酬は決算を元にした会社の業績に応じて株主総会で可決されるものですので、四半期決算を行えば年4回、取締役報酬の改定が可能という事もあります。そこまでしなくても今は大丈夫だったりするのですが、逆にそこまでやっておけば税務署に後から "とやかく" 言われません。

あと、あまり大きな声では言えないのですが、取締役賞与は経費(損金計上)になりませんので、ちょいちょい増額して行く事で経費になる役員報酬を増やして経費にならない役員賞与を減らすような小細工も可能だったりとかねww

 

 

さて、そんないつもの理由以外に、今回の株主総会では大切な議題がありました。 

「取締役の選任 」

「取締役の定員変更に伴う定款変更」 

 

今までうちの会社、超プライベートカンパニーでしたので、定款に規定する取締役の人数は「3名以下」と言う、公証人連合会のホームページにある定款テンプレのような感じの規定でした。今回、1人取締役を追加するために定款変更を行い、追加の取締役を選任しました。

選任した取締役は、いつも私が「秘書子1号」と呼んでる優秀な女性でして、今後彼女は秘書部長として頑張ってくれる事になりました。そして現在の秘書部長は、常務取締役として今後も頑張るんだそうですよwwってくれる事になりました。

 

もともと秘書子1号は、 私がお師匠様と出会う前からお師匠様の秘書と働いておりまして、お師匠様キャリアは彼女の方が長いんです。

本当は、お師匠様も私も、彼女には「女性としての幸せ」を一番に考えて欲しいと思っていたのですが、過去にDVを受けて保護施設へ行ったりした経験なんかもあり「結婚は二度とごめんです」と言う気持ちは変わらないようでして「このまま、ずっとここで働いていきたい」と言う彼女の願いを受け入れて、取締役になってもらうことになりました。

他の秘書子たちにこの話を説明したところ「やっと、秘書部長が変態じゃ無い普通の人になる」と、意味不明な喜び方をしていたのは、聞かなかった事にしておきますwww 

 

代表取締役以外、通常は会社で作成する書類に個人の実印を押印する事はまずありません。三文判と呼ばれる印鑑の押印で十分なのですが、それでも一般的にはちゃんと彫った「議事録印」と呼ぶ印鑑を作ります。

今回、彼女が取締役になったお祝いに、私から議事録印をプレゼントしました。いろんな事情があって、離婚した(出来た)際に旧姓に戻らなかった(戻せなかった)彼女は、あまり自分の氏(苗字)が好きで無い事を私も知っておりまして、今回プレゼントしました議事録印は、ひらがなで名(下の名前)だけを彫った印鑑です。

女性だけは特別に、市区町村で印鑑登録する際にも名だけの印鑑が登録可能でして、区別とか差別とかそう言う事は一切無く、性別の特徴と言う意味で、ひらがなで名だけを入れた印鑑はとても女性らしさが伝わってくる優しい印鑑だと思います。

 

そんな女性らしさで、取締役として今後も頑張って欲しいと思います。会社としても、秘書部長が変態では無くなった事を、嬉しく思います。

 

ああ、今度は常務が変態かww