読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

英国には \(^o^)/ 不思議な場所がいっぱい

なんか、こう・・・

今日は仕事する気にならないって言うか、なれないって言うか・・・

そんな日、ありません?

な~んにもやる気しないので、別に電話で確認すればいい内容なんですが、法務省行って提出してある請願書の進行状況を直接聞いてきたりなんかして、帰ってきてからこの下の本文打って、だらっと中。

こんな日に限ってお客さんも来ないし、お師匠様も来ないし、セールスすら来やしないw 今日とか保険のオバちゃん来れば、絶対に1時間くらい話聞いてあげるのに、入らないけどw

 

と言う事で、本文です。

 


 

皆さん、マントウってご存知でしょうか?

とりあえず、ミスリード誘いのために全部カタカナで書いてみましたが、関西地方出身の方は「中華まん=饅頭」を思い浮かべるかもしれませんが、ブッブー、ハズレですw

今回のマントウ、なぜか中国語で書いてみますと「曼島」香港・澳門繁体字では「萌島」とも書きます。なんと、萌え萌えアイランドですw(他にも「馬恩島」や「人島」と言う表記もあります)中国語で書いたのは、繁体字の萌え萌えアイランドを書きたかったからでして、特に深い意味はございません。

日本語で普通に書きますと「マン島」あの有名なオートバイレースの「マン島TTレース」開催地として有名でして、現地マン島語では「Ellan Vannin」英語では「Isle of Man」と表記します。

 

場所は、英国の地図を頭に思い浮かべて頂き、大きなグレートブリテン島イングランドスコットランドの境目、ちょうど中心付近から左に、北アイルランドとの間にあるアイリッシュ海中央付近にございます。多分、この説明でお分かり頂ける方は、この説明を読まなくてもマン島の位置はお分かりだったと思いますww

地図の表示しときますね、赤丸してあるところです。
(最初から地図見せろと言うご指摘はご遠慮ください)

f:id:yuan2:20160722091633p:plain

さて、このマン島ですが英国・・・、ではありません。確かに英国のような感じで、出入国も英国からはありませんので飛行機も国内線扱い、船で行くのも出入国など一切ございません。じゃあ、英国から見て外国なのかと言いますとそうじゃないような、でも国内でも無いような・・・

実はここ、英国王室の領土でして、正確に言いますと「自治権を持った英国王室属領」と言います。英語で書きますと「Crowne dependency」となりまして、ここで言うCrowne は、王冠では無く「国王支配権」または「国王の身分そのもの」を指すんだそうです。そしてスペルがCrownでは無くCrowneなのはお察し下さいやミススペルでは無く「旧スペリング=Obsolete spelling」なんだそうでして、王室関連の言葉なので正式な表記だとこの旧スペルを用いるんだそうです。ええ、私がこんな高度な英語が分かるわけ*1(ry

 

そして、ご存知のように英国王室は「何でも御座れ・イケイケドンドン・怖いもの知らず・来るなら来いや!」ですので、マン島も例外ではございませんw

まず、最近なにかと話題の悪名轟くタックスヘイブンですが、このマン島タックスヘイブンでございます。と言いますよりも、日本で有名かつ最近話題になりましたタックスヘイブンである「ブリティッシュバージン諸島」も英国海外領土でありますし、他にも良く耳にする「ケイマン諸島」「バミューダ諸島」「ジブラルタル」も英国海外領土、チャネル諸島にあります「ジャージー島」「ガンジー島」はマン島と同じく英国王室領土・・・

要するに、世界中の国が一斉に「タックスヘイブン反対」とか表向きは言ってる感じですが、世界にあるタックスヘイブンの多くを英国が持っているので、そう強く言えないと言うような感じもあったり。しかも、独立国でタックスヘイブンと指定されている国の多くに、英連邦加盟国や旧英国領、旧宗主国が英国だった国が山盛りでして。私もまだ消されたくないので、この辺にしておきます(汗;

 

話は少しズレてしまいましたが、そのマン島タックスヘイブンと言うだけでは無く結構大きなグローバル金融センターとして機能しております。世界の中でどの位の金融センターのレベルかと言う指標に、グローバル金融センター指数(Global Financial Centres*2 Index)と言うものがございまして、発表されたてホヤホヤ2016年度の指数におきましてマン島は68位です。

これ、68位とか言うと大したこと無いような気がするかと思いますが、世界中の金融機関が集中している都市全てをランキングしておりますので、1位ロンドン 2位ニューヨーク 3位シンガポール 4位香港 5位東京 と、都市名が羅列されており、日本は他に主だった都市として発表されている86位以内ですと20位に大阪が入っているだけでして、名古屋、福岡などは86位以内に入っておりません。

と言う事で、グローバル金融センターとしてマン島は、日本人には比較しやすいであろう国内で言えば名古屋や福岡の金融センター度と比べて遥かに高く、マン島の68位に近い順位で日本人にも馴染みがありそうな他の国の都市ですと、63位イタリア-ローマ 64位スペイン-マドリッド 65位ノルウェー-オスロ 67位ロシア-モスクワ などが並んでおります。

 

そんで、なんでこんなにマン島の事をヨイショしてるのかと言いますと、自分自身に「マン島は凄いところなんだ」と言い聞かすためでして、ええ、先日ほんのちょっとつぶやきました「来月、オーストラリアじゃなくて英国行くかも」って言う事態に現在遭遇しているところでして、正確に言いますと英国は乗り継ぎ地、目的地はマン島でした\(^o^)/ 

 

いや、別にいいです。文句ないです。新婚さんで、赤ちゃん欲しいなって頑張ってますけど、そう言うのも別にいいです。ブリティッシュバージン諸島とかの新婚旅行メッカのカリブ海に行けとか言われたより全然マシです。地中海の方の暖かくて風光明媚でカップルばかりのジブラルタル行けとか言われるより全然マシっす。マシッソヨ、ああそれは全然違うな、美味しいだったな(汗; ああ、昨年男4人で行ったマルタ島、NICE GAY 2組って思われたな・・・

どうせ観光地にもなってるところに行くなら、秘書子とじゃ無く奥様と行きたかったな・・・、えっ?一緒に行って良いんですか?ええ、お子様連中が夏休み中は、うちの奥様は忙しいってお分かりなのに、言ってますね・・・ 

と、まあ小芝居はこの辺にしておきまして、来月マン島に行ってきます。しかも、今回は1回で済みませんので、9月10月11月と、連続でシンガポールマン島周遊の愉快な旅を繰り広げるかもしれません。

 

こうなったら、世界一周券使った方が安いかな? 

来月、オーストラリアは行かれたら行きます。行かれなかったらシンガポールからアレックスさんが行きます。イヤイヤですけどねw ああ、アレックスさんのパスポートでETAS申請しときますね、ココ見てないでしょうけどw

 


*1:正直言いまして、王室とかそう言う事に関してはgoogle先生では役に立たない事が多すぎまして、生き字引が無いとやっていかれません(汗;

*2:スペルがCentre(s)なのはミスでは無く、英国方式です。