読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

海外安全情報

昨日、仕事が終わって家に帰りますと、いつものように玄関まで奥様が走ってやって来まして、ただいつもと違うのが半べそでした。いや、よく言う比喩的な半べそでは無く、本当に半べそでして、いきなり「シンガポール行くのやめて」って言うんです。

 

うちの奥様、若干ですが頭の緩い部分もあるので、こう言う時に突然怒ったり大きな声で反論したりしますと・・・

後が大変です(汗;

 

昨日はお仕事だった奥様が、お仕事先で同業者のお友達と話ておりましたところ「旦那、海外に行ったりしてて、テロとか大丈夫?」って話になったんだそうです。お友達も別に他意や、悪気があって聞いたワケでは無く、純粋に「最近海外が物騒だから」と心配して聞いてくれたのでしょう。

うちの奥様、そのお友達に「今週、またシンガポール行くんだよね」と言う話をしたそうでして「シンガポールって安全なの?」と、そのお友達と話し合った結果、スマホで調べてみたんだそうです。

 

そしたら、私達もよく見る「外務省 海外安全ホームページ」こちらが検索で引っ掛かりまして、シンガポールを見てみたら・・・

www.anzen.mofa.go.jp

 

これ、分かりますかね?一応、シンガポールって書いてあるところに赤でアンダーライン引いておきましたが、東南アジアの地図でして、シンガポールって小さすぎるので、黒実線で場所を指し示して、欄外に書いてあるんです。まあ、海外に慣れてると言いますか、この私のブログにお越しの皆さんは東南アジアが庭のような人たちが多いですので、白地図でもシンガポールの位置は分かるかと思います。 

f:id:yuan2:20160713061540j:plain

が・・・、ところが・・・

うちの奥様と奥様のお友達2名は、シンガポールの位置が分からずに、そのちょうどシンガポールって文字のある南シナ海のブングラン島の辺りですかね?インドネシアには今警告が出ておりまして、インドネシア全域がレベル1以上ですので、そんな海軍しか居無さそうな島でも黄色くなってます。

で、その位置がシンガポールだと勘違いしました奥様と奥様のお友達2匹2名は「シンガポールって危ないんじゃ無いの?」って話になったとさ\(^o^)/

 

家に帰ってきても、そのページをパソコンで見て「やっぱりシンガポールは危ない」って更に確信したようでして、急に・・・

 

「旦那ちゃんが死んじゃったらどうしよう」

 

って思考になってしまったんだとさ\(^o^)/

ああ、ここからはノロケみたいなもんなので、別に見なくてもいいですww

 

とりあえず、話を全部聞きまして「ああ、多分なんか勘違いしてんだろうな」とは思ったのですが、パソコンでそのページを見せてもらいましたら上のページを見せられまして「やっぱりな、ハハハ(汗;」と言う、少年探偵団が何か思い込みが激しかった時のコナンくんのような心境になったワケですw

奥様には、画面を指さし「これ、シンガポールがあまりにも小さいから、黒い棒で示してあって、地図の何も無いところにシンガポールって書いてあるんだよ」って説明しましたところ「だって、島あるもん」ってね(汗;

確かに、もう少し上に書いてあればブングラン島にはかからないかもしれませんが「そうすると中国が領海と宣言している九段線に、他の国とかの表示も引っかかっちゃうんで、今度は別の問題が出てくるんだよな・・・」とも思いながら、でもそれを奥様に言っても仕方ないので「そうだね、でもあまり上にすると、今度はもっとわかりづらくなっちゃうからね」と言う説明が、なんと奥様に受け入れられた\(^o^)/

 

で、東南アジア全域の地図の下の方に「ほら、シンガポールって言うリンクがあるでしょ?」と説明しながら、シンガポールのページを開きますと・・・

f:id:yuan2:20160713064109j:plain

いま、シンガポールには何も情報は出ておりませんから、全域が真っ白でして、とりあえず差し迫った危険ってのは無いんだよと説明しましたら、納得してくれました。

 

これ「レベル1やレベル2の危険情報で、出張に行かないなんて出来るかよ!」とか、それ以前に今回の場合は「シンガポールの位置も知らないのかよ!」とか「よく見れば分かるだろ!」とか、言っちゃえば簡単かもしれませんし、早いでしょうし、私も若かったらそんな風に言って怒ってしまったかもしれません。

でもね、根本にあるのが夫を心配してって言う気持ちなので「シンガポールの位置が分からなかったんだったら、今回分かって良かったね」で終わりでいいでしょうし、もしもそのうち危険情報が出てる地域に出張で行かないとならない事があれば「いつも以上に気をつけて行ってくるね」そう言えば分かってくれるだろうし、それでいいのかなって思います。さすがにレベル3以上になったら余程のことが無い限り行きませんし、レベル4でも行く必要があれば、それなりの警護を雇って行くかと思います(汗;

 

昨晩は、ベッドに行ってからもタブレットを見させられながら「ここの国は何て名前?」「ここの国は何?」「なんで答えられるの?旦那ちゃん、ムカつく」これの繰り返しでした┐(´д`)┌

でも、アフリカとカリブ海はキツかった・・・ 何でもいいから知ってるそこら辺の名前を列挙して、正解が出ないと勘弁してもらえないんで(汗;

 

 

最後に強烈なのを一つ「ここの島、イースター島だよ」って教えてあげたんです。ええ、実際にイースター島の場所ですから。そしたら・・・

 

「またまた。私だって、イースター島が本当は無いって、架空のお話だって事くらい知ってるよ。モアイとかあるわけ無いのにね。小学生じゃ無いんだから、そんな事で騙せると思った?」

 

楽しそうに答えられたので「いや、イースター島あるし。モアイ像あるし」ってまだ言えてません・・・