読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

香港の家賃

香港の不動産価格は非常に高いです。不動産価格が高いがゆえに、賃貸物件の家賃も高くなりまして、私が以前香港で借りておりました部屋「1988年築、639スクエアフィート≒59平方メートル」の物件が、今から約10年ほど前で月額1万4千香港ドル≒日本円で約17万円ほどであったものが、今では2万3千香港ドル≒日本円で約28万円です。

 

どんな高級なマンションかと言いますと、こんな感じ・・・

f:id:yuan2:20160526165514j:plain
(写真は香港の不動産会社からお借りしました)

日本では、高度成長期の物件のように見えるでしょうが、こちらでは標準的なマンションです。

 

香港の不動産価格がどれだけ高いかと言いますと、自宅を購入された方はご存知かと思いますが(まあ、私のブログを読まれてる方では居ないかな(汗; )えっと、ローンを組む時に、年収の何倍までとかよく聞くかと思います。

年収倍率と言うやつでして、日本では物件価格は年収の7倍程度までにしておかないと危険とか言われております。では、香港の平均不動産価格は平均賃金の何倍くらいかと言いますと、なんと平均年収倍率が17倍にも達しており、香港では普通のサラリーマン家族ではまともな大きさのマイホームは絶望的となっております。

香港政府も価格抑制策を行っているのですが、なかなか効果がないと言いますか、本心では不動産価格は上昇して欲しいと思っているから手を抜いているのか、いまだに上昇しております。

 

これ、逆に不動産を持っていた者としてはウハウハなわけでして、もし1990年代後半のアジア通貨危機の時に香港で3000万円程度のマンションを買っていたら、いまでは3倍から、中には5倍程度の価値がついている物件も多数あります。

 

で、ここまで長い前置きでして、毎回毎回、長い前置きで申し訳ございません・・・

 

 

今回香港へ来た目的の一つに、新しい事務所を借りる事がありまして、本日無事契約が終わりました。

そして、事務所の家賃・・・、マンションより糞高えw 家賃の上がり方がマンションなんてもんじゃ無く、今から約10年前の倍以上の家賃になってました(汗;

 

今までも事務所はある事にはあったのですが、事務所と言うか倉庫というかw イミグレーションのビザ審査の時だけは、中の荷物を運びだしてパット見をよくしてあっただけでして、実際には本当に倉庫でした。香港入境處(イミグレーション)のお役人様、倉庫を事務所だって嘘ついててごめんなさい。今後はちゃんとやりますんで、許してちょんまげ下さい。

 

新しい事務所をその目で見てしまった秘書子3人。来月から、香港出張行きたいって言い出すのが目に浮かぶようですw