読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

いま羽田空港です。

これから飛行機乗ってシンガポール行ってきます。なんか、最近こんなんばっかだなと思うかもしれませんが、こんなんばっかなので以前はブログ更新が面倒でなかなかしなかったと言う事情もございますw

実は今週2本出張が入っておりましてって、これ昨日だか一昨日のブログでも書いたなあ・・・ とりあえず、今日のこれが1本目です。続いて2本目はロサンゼルスなんで、本来は一度帰国などせず、そのままシンガからロサンゼルスに向かってしまえば早いんですが、一度帰国します*1

 

昔の勤務先時代も、よく「強行班」とか「赤目組」とか言われてまして、強引な出張は得意でした。

強行班と言うのは、突然「今から4時間後の飛行機で~」とか言われても出張行っちゃったり、空港のチケットカウンターで「上海まで大人1枚」とか言って航空券買ったり*2、 その日の最終便が満席だった時には「失礼ですが、普通運賃お支払いしても乗れませんか?」とチケットカウンターのスーパーバイザーに悪魔の囁き*3で、他の誰かを無理やり降ろしてまで座席買ったりwww

赤目組と言うのは、もうそのままでして、レッドアイフライト=深夜便に乗って行って、現地0泊又は1泊の最低滞在で仕事完了させて、またレッドアイフライトで帰ってくるって感じの、強行班の中でも更に上級者ですw

バブル崩壊後の余韻のあった時代の名残で、狂ってますけどねw

 

そんな感じで、私としたら現地で仕事終わったらチャッチャと帰国して通常の日々を過ごした方が良い派なわけです。そりゃ、全く初めて行く場所の時には、超有名な場所とかには行ってみたりもしますが、最近は香港・シンガポール・ロサンゼルス、たまに英国とオーストラリアが入ってくる程度ですので、そんなに目新しい場所はありません。

 

 

 

人によっては、こう言う働き方が羨ましいと言う方もおられます。若いころの私なら、こう言う働き方は嫌いではありませんでした。今は、どちらかと言えば、普通に働いて毎日家に帰り家族と過ごして、お休みには皆んなでスーパーに買い物行って、たまに日帰りや1泊で近場に出かける。そんな、ごく普通の生活の方が羨ましく感じます。

 

今日、午前中で仕事を終わらせて出張準備のために家に帰り、奥様(未)と夕飯を食べました。効率的に考えれば、午前中にお休みしまして出張準備をし、午後から出勤してそのまま出張に行ってしまった方が良いでしょう。でも、なるべく「普通の生活と言われる」生活に近い事を、今はしたいって思っちゃうんです。

大学を卒業して就職し、海外出張が増えてきた頃に「出張に行きたくて行きたくて仕方なかった」時と全く逆の思いです。

まあ、これら全部「ないものねだり」なんでしょうね。

 

先ほど自宅まで、秘書課の者が迎えに来てくれた時、奥様(未)が「あの、よろしくおねがいします」と、秘書に言っておりました。車に乗ってから「奥様、かわいいですね」って冷やかしてくるので「そうだろ?お前も、ああなれたら売れ残らないだろうにな」って反撃しておきました。

「そうですね~」とか言って誤魔化してましたが、たぶん理解出来ていないでしょう。例え強行スケジュールであっても、海外出張に行かれると言う事を喜んでる若い子には、まだ理解するのには早い年齢かもしれません。

*1:理由はお察しください(〃∇〃)

*2:事前に電話で座席の予約はしてあります

*3:空港の国際線チケットカウンターとかの特殊な売り場であるにも関わらず売上予算や営業利益予算があるので、割りと必死です。普通運賃50万円で売れれば、格安航空券の人にペナルティで10万円支払っても、50万円の売上が上がり、40万円の営業利益が残り、そして振り替えた人の分翌日の座席が1席埋まるのです。