読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuan² は、中国語で "元" の発音(pinyin)です

日常のつぶやき + 会社での出来事 + 奥様観察日記

皆さん最近、コメント欄を承認制にするのが流行ってるようなので、私もコメント欄をゲスト可の承認制にしてみました \(^o^)/

遂に出張か・・・

2月に海外出張に行って以来、その後はいろいろございまして海外出張を回避しておりました。が、遂に行かなければならない時がやって来てしまいました。過去、これほどまでに出張に行くのが嫌だった事はございません。出張大好きとまでは言いませんが、むしろ、出張がある事が生活の一部のような人生でしたので、出張を回避したいと思うこと自体がありませんでした。

今回、もう、どうしても、どうしても、ど~しても行かなければならず、まさに団長断腸の思いです。ハルヒではありませんw

 

行き先・・・

今年に入ってから、いや、昨年末から何度も何度も騒いでおりますアメリカ。なにも、この色々と物騒な時にアメリカ行かなくてもと思うのですが、ここまで伸ばし伸ばしにしていたツケが回ってきた感じです。そして毎度毎度の英国でして、あと、どっか怪しい欧州の国にもw それら別々に行くよりも一気に行ってしまった方が効率がいいのでそうする事になったわけです。

こうなると、普通に航空券買うよりも確実に世界一周券使った方が安いのですが、ただ一点だけ問題がありまして、スターアライアンスの世界一周券は最低旅行日数が10日なんです*1。なので「東京-うさ(USA)-英国ー香港」と回り、香港でストップオーバーしましてゴニョゴニョw

先に香港へ行き、世界一周券の出発を香港発にする方法もあるのですが、そのためだけに香港へ行くのも意味ありませんし。まあ、帰りにそのためだけに香港に寄るのも意味ないので一緒ですけど。

 

アメリカに出張が決まった日、いつもの7号が「あの、アメリカに行くなら、ターゲットのギフトカード100ドル分あるんで・・・」と言うので、珍しく気が利くなと思っておりましたら「買い取ってもらえませんか?」あちゃ~w

そのギフトカードどうしたのか聞いたら、アメリカの友達に出産祝いを贈ったところ、お返しでもらったんだそうです。それなw アメリカ人ってアメリカで売ってるギフト券とか世界中で使えると思ってんの、あれ何でなんだろう?まあいいや。

 

週末は日本で過ごし、来週は出張に行ってきます。


*1:エコノミークラスの世界一周券だけ、最低旅行日数が3日に短縮になっておりますが、3日で世界一周するならエコノミークラスの方がキツイかと思われますww

トクホのコーラ

最近、お呼ばれで食事に行かなければならない事が本当に多く、朝や昼を抜きませんと大変な事になりそうな雰囲気もあります。いや、もうなってきたw 朝や昼を完全に抜くと言うのも難しいので、簡単なものにするしかありません。

満腹感を得るにはカロリーゼロのコーラとか最高でして、人工甘味料は体に悪いとか言う人もおりますが、他人の飲み食いする物にまでケチつけないで頂きたいです。

さて、カロリーゼロのコーラでも、以前からトクホのコーラと言うのがあるのは知っておりました。ただ、なんとなく怪しい雰囲気と言いますか、なんとなくイメージ的に「苦そう」みたいに思っておりまして、今まで手を出さなかったんです。

 

最近、コカコーラ社からもトクホのコーラが発売になりまして、それを何本かいただいたんです。

[トクホ] コカ・コーラ プラス 470ml PET×24本

[トクホ] コカ・コーラ プラス 470ml PET×24本

 

戴き物をそのまま放置では申し訳ないので、とりあえず飲んでみました。この白いパッケージと言うかデザイン。随分と昔アメリカに出張した際にコンビニで見かけた、バニラコーラに似ておりまして、ちょっと微妙な感じですw

最初の一口は、やはり今までのコーラと若干違う感じがしまして、言い様の無い味と言うのでしょうか。不味くはないんですが、美味しくも無いような。でも、一時期にコーラゼロが凄く辛口になった時期がありまして、その時のコーラゼロと比べたら割りといい感じの味です。トクホと言っても薬っぽい味では無く、もともとコーラは薬っぽいと言えば薬っぽいのですが、普通のコーラやコーラゼロと比べても変な薬品臭さが無いような感じでした。

 

その日、試しに飲んだ後で会社から帰る前にもう1本飲みまして、500ミリのペットボトルを合計2本、ですから1リットル飲んだ事になります。

翌日・・・

おっと、ここからは食事しながらはご遠慮下さい。 

 

突然ですが、ゼニカルって薬をご存知ですか?欧米で、超肥満体の方に処方される薬でして、それを食後に服用しますと、脂分の吸収を阻害してカロリー摂取を抑える効果が非常に高い薬なんです。その副作用と言うか、食べた物の脂分の吸収を阻害するので、排便と一緒に脂分が排出されまして、非常に脂っぽい排便になります。洋式トイレですと、便器内に脂分が浮いているのがハッキリと分かるくらいです。

実は、今回このトクホコーラを飲んだ翌日トイレでびっくりしたのが、ゼニカルを服用した時ほどでは無いのですが、なんと、便器内に脂分が浮いているのが確認できました。

 

これ、うちの会社の某変態不良薬剤師に聞いたところ、最近話題の難消化性デキストリンが入っているので、そのせいだろうと言う事でした。

ちなみに、難消化性デキストリンの超ネガティブキャンペーンが展開されているようですが、同じく某変態(ryが言うのには、ネガティブキャンペーンの内容自体、批判しているポイントだけもっともな内容で、反論自体は幼稚なものだそうです。

これ、難消化性とか言う以前に「デキストリンって何?」って事なんですが、なんと「炭水化物」なんだそうでして、難消化性と付くことから分かるように、それ自身は消化されにくいので糖化して吸収される事がほとんど(1割程度)無く、ただし炭水化物なので腸内に生息するビフィズス菌などの栄養になる資化はするんだそうです。

まあ、何言ってるんだか全くわかりませんけどw

 

と言う事で、割りといい感じのトクホコカ・コーラプラスでした。

カレーが変わった

うちの奥様、以前から何度も何度も書いておりますように、カレーが大好きです。結婚してからは、私の実家に行った際に私の母がカレーを山ほど作ってありまして、それを持たさせられて帰ってくる状態でしたw

妊娠してお腹が大きくなり、もう出歩くのが難しくなってからは、私の母が我が家にやって来た時に作り置きしておりまして、それを解凍して食べているほど、うちの奥様はカレー好きです。全部うちの母が作っている感じなんですが、かと言ってうちの奥様が料理苦手と言うわけでは無く「お母さんが作ってくれたカレーがいいの」と言うのが、理由なんだそうです。

子どもが生まれたら、私の母がしばらく我が家に泊まりにやって来ると言う約束になっていたのですが、今はまだ子どもたちはNICUに入院しており、先に奥様だけ退院してきている状態ですので、母が泊まりでやって来るのは子どもたちが退院してからと言う事に変更になりました。

さらっと書いてますが、表のブログでは子ども生まれた事って初公開でして、さらっとミサカはミサカはカミングアウトしてみる!って感じでw

 

 

昨晩、我が家の夕飯はカレーでした。

いつもと同じバーモントカレーかと思っていたのですが、若干匂いが違うので「何だろう?」とは思ったのですが・・・

 








 

f:id:yuan2:20170410213601j:plain

 

The Prince of Curry 


 

1歳から食べられるそうなので、まだまだ時間があるのですが、今から慣れておく必要があるんだそうです。うちの奥様も、家政婦らも「結構美味しい」とか言っておりましたが。そっか、子どもが出来ると言うのは、こう言う事なのか・・・

生まれて来た子どもたちにとっては、お母さんはうちの奥様なので、これからはカレーも作るそうです。

 

(今回のブログ、主語抜け抜けで分かりにくいのはワザとですので、よろしくお願いします。)

うちの奥様と万有引力

少し前の事です。ニュートンと言う雑誌を発行しているニュートンプレスと言う会社が、東京地方裁判所民事再生法の適用申請を行いました。

www.tdb.co.jp

凄いですね、このブクマの数w ちなみに、ニュートンと言う雑誌を知らない方はおられないでしょうが、こんなのです。アフィリエイトにはなっておりませんので、ご自由にクリックして下さいww

Newton(ニュートン) 2017年 05 月号 [雑誌]

Newton(ニュートン) 2017年 05 月号 [雑誌]

 

なぜニュートンかと言いますと、今日はこの雑誌についてではなく、あの科学者のアイザック・ニュートンの件です。ついでに文字数稼ぎ話題として出してみましたw

 

 

最近、なぜか科学に目覚めたうちの奥様から、どちて坊や*1のように質問されまくっております。

 

ある日、

奥「ねえ、ねえ、どうして、飛行機は飛ぶの?」

私「つばさに揚力って言う浮く力が生まれるように作ってあるからね」

奥「ねえ、ねえ、どうして、つばさに揚力が生まれるの?」

私「つばさの上側が膨らんでるから、上を通る空気の方が・・・」

奥「あっ !」

私「ん?どうした?」

奥「それよかさ、なんで上の物は下に落ちるの?」

全然私の話は聞いてないと言うか、ここから難しくなりそうだから本能で忌避したのでしょうww うちの奥様、そう言う野性的な感は非常に大したものです。

私「ニュートン万有引力を発見したからね。あの、りんごが落ちた時に思いついたって言う有名な話し、知ってるでしょ?」

奥「そうじゃなくって、発見したのはアインシュタインかもしれないけど、なんで引力ってあるの?」 

これね、もうワザと間違ってるのか言い換えてるとしか思えないんですけど、一緒に暮らしておりますとワザとでは無いと言うのが分かるんで、もう「ワザとだろ」と思い込みたい一心ですww 

私「なぜ、なぜ引力があるかって・・・。そりゃあ、全ての物体には必ず引力があるから・・・。」

ん?

あれ?

引力って、なんで全ての物体にあるんだ???

 

と言う事で、上のヲタクお宅の「生き字引大明神さま」に聞いてみました。

すると、なんと・・・

上「ああ、それね。引力があるかどうか、まだ分かってないよ。引力がどうして発生しているのかとかだけでは無く、そもそも本当に引力があるのかどうか、それ自体も分かってないよ」 

なんだって(汗; 

つまり、アインシュタインじゃ無かった、ニュートンの発見した「万有引力の法則」は文字通りに法則なわけで、いろいろ測ってみたら一定の割合で釣り合いが取れてるので、まずまず間違い無く「そうであろう」と言う事なんだそうです。

なっ、なんだって(汗;

 

この話を奥様と聞いたところ、うちの奥様は何を思ったのか勝ち誇ったような顔をしておられました。何故か分かりませんが、今回は私が負けたようです・・・

 

ん? 

あれ?

うちの奥様って、私と戦ってたの?


*1:大昔のTVアニメ「一休さん」に登場した「どちて?どちて?」と、やたら質問しまくる子ども。

確定申告がようやく終わりました

確定申告の申告期限は3月15日だとあれほど言われているのに、今週になってようやく終わりました。別にサボっていたわけでは無く、期限後申告でもありません。

実は、海外源泉分の申告のうちで、海外で納税が必要な国や地域の分の申告が終わりませんと現地での税額が確定せずに、日本での申告も出来ないと言う感じだったんです。つまり、海外で払った税金分だけ日本での税金が少なくなり、二重課税にならないように「外国税額控除」と言う制度を使うため、まず海外での税額を確定させなければなりませんでした。

No.1240 外国税額控除|所得税|国税丁タックスアンサー

 

昨年も同じように海外での納税分を控除してもらうため、まず海外での申告を速攻で終わらせまして間に合わせたのですが、今年はなにせ数が多すぎまして、全然間に合わないの(汗;

そこで、税理士さんと話し合いまして、通常は災害などで申告の延長が必要な方向けの制度である「所得税の申告等の期限延長申請手続」が出来ないか、私の住所地の管轄税務署に聞いてもらったところ、すったもんだの結果OKをもらいました。海外の件とかを理由にして認められたのとかは、やはり外人さんが多い地域だとか、そんな理由もあるんでしょうかね。 

所得税の申告等の期限延長申請手続|申告所得税関係|国税庁

 

こんな面倒な事せずに最初から全額を日本で報酬として支払い、海外の子会社からは報酬は受け取らなければいいだけの話なのですが、そこがなかなか。実際に海外の会社を稼働させようとすると、代表者がビザ持ってないと都合が悪かったり、そのビザを取るためには規定の報酬が支払われて無いとダメだったりするんです。特に許認可関係が必要な会社だったりしますと、余計にそんな感じだったりもします。

若干矛盾するのですが、ビザ持っていてもその国で非居住者ですと税金が掛からないと言う国も海外には割りとありまして、その場合には納税額0の通知や申告書が必要なわけです。もちろん、その分は全額日本で所得税を払う事になります。

 

例えば、日本で年間報酬1000万円に対する所得税が100万円だったとしましょう。もしある年の報酬が、日本では年間500万円、海外では500万円だった場合、日本の税務署は日本と海外の報酬の合計1000万円に対する所得税100万円を課税してきます。そこで、海外では20万円現地で納税していたとしたら、その100万円から20万円を税額控除してくれまして、最終的に日本では80万円、海外で20万円の合計100万円に調整してくれると言うわけです。

 

はい。そんな感じですので、日本の税務署としてみたら「最初から日本で払ってくれてたら全部総取りだったのに」と言う事なんですが、やはりそこは海外の法人が稼働している状態ですと、海外で支払われた報酬にクレームも付けにくいのでと言う感じのようです。ええ、税金に関してはそれで全部OKでして、当然全て税務署は知ってます。が、しかし、社会保険に関しては日本の給与から天引きですので、日本の給与を元に計算されてますから、なるべく日本の給与がすkn・・・ 

 

本日の記事はこれにて終了w


※ご注意とお願い※

税金の申告に関しては個々の事情で全く異なりますので、申告期限の延長が出来るのかどうかも含め、それぞれご自身で相談や申請、申告をお願いします。当然、ここに記載していない理由や条件などもいろいろございました。「出来るって書いてあるから申請・申告したのに、私は出来なかった」とか、クレームはご容赦下さい。

続・アップデート多すぎませんか?

先日書きましたこんな記事

yuan2.hateblo.jp

 

最近もアップデートが多いなと思っておりまして、アプリのアップデートだけでは無くスマホのシステム自体のアップデートまで来る始末です。

これ、ITヲタクであるHG取締役に「アップデートの表示って、あれ無くせないの?」と聞きましたところ、簡単に「出来ますよ」と答えるので「ああ、そう、出来るのね? じゃあ、早速やって・・・」とお願いしました(汗;

考えてみたら会社で一括で契約して使ってるスマホって、アップデートの表示って出たところ見た事無いんですよね。それも表示止めてるのかと聞いたら、表示は止めてはいるんだけど、会社に戻ってWifiに接続すると社内のサーバーから強制的に自動でアップデートされるんだそうです。自動的とか、なんかそれも怖いな。いや、何が怖いって通信量を使ってしまう事なので、会社のWifiに接続しないとアップデートされないなら、別にいいんですけどね。そんな事を聞いて「へ~」とか言っておりましたところ「この仕組を導入する時に、ちゃんと説明して決済もらったハズなんですけど」と、HG取締役にイジメられました(汗;

 

そんでもって、先月1ヶ月間で、アップデートするだけでどれだけの通信量を使ったのか見れるのかもHG取締役に聞いてみたところ、簡単に「見れますよ」と答えるので、見せてもらいました。と言うより、見方を教えてもらいました(汗;

 

これ、simで通信した分で、大して通信しておりません。

f:id:yuan2:20170404194731j:plain

グーグルプレイストアが表示されるように若干下にスクロールしたので、他にもっと通信量が多いアプリとかもあったりします。ただ、業務用のアプリだったりするので、スクロールして隠せたのが丁度良かったかなw

ア◯ーバの通信量が多いのですが、こんなに使った覚えは無く、それをHG取締役に聞いたところ「ああ、あのク◯アプリって、一回開くと広告や動画をガンガン勝手に開くんで、1回開くと何メガとか行く事も多いんですよ」だそうです(汗;

せっかくインストールしてあるNoRootファイアウォールってので、せめて動画だけでもそのク◯アプリで自動的に再生しないように設定してもらいました。ただ、そう言った設定への対抗なのか、しょっちゅう設定が変わるそうなので、そのうちまた再生される事になるそうです。一番は、アプリのインストールをどんなに要求されても、アメ◯バはブラウザで見る事だとか。

 

そして、お待ちかねのWifiで通信した分・・・

f:id:yuan2:20170404194741j:plain

もうWifiの分は、下にスクロールする必要は一切ありませんでしたw 堂々ぶっちぎりの第1位です。 

simで通信した分と合わせますと、なんとアプリのアップデートで3GB近く使ってるわけです。そりゃ、Wifi環境が無くてsimだけで通信してる人たち、いくら通信量があっても足りないハズですw

 

iPhoneは、1台アップデートしてパソコンのiTunes に接続しますと、アップデートしたデーターを取り込み、他のiPhoneにもそのデーターを使ってアップデートしてくれるので、1台だけアップデートすれば済みます。

ところがアンドロイドは2台あったら2台、5台あったら5台でしょ?なんか共通でする方法もあるようですが、iPhoneほどはシステムが共通化出来ないので、なかなか難しいようです。

 

アップデートって、すぐにすると動作が不安定だったりの問題もあり、できれば少し経ってからしたいんですよね。これ、Windowsの発売前にベータテストユーザーを募集するように、最新版のアップデートは希望ユーザーだけにしてアップデートの通知はしない、安定版は全ユーザー対象でアップデートの通知をするとかに出来ないものでしょうか。そうしたら、不具合の連続でアップデートを繰り返す事も少なくなるような気がするのですが。 

今年は遂に、ちゃんと入社式した

うちの会社、一応は基本的に土日祝はお休みなため、本日が4月に入って始めての出勤日となりました。タイトルに書きました入社式、昨年も簡単なものを行いましてブログに書いたのですが、まだ皆さん★=はてなスターは盛大に付けたりせずに、アメブロ時代の流れと言うか癖で1つ付けるのが当たり前だったような頃ですww

yuan2.hateblo.jp

昨年、入社式に出て新入社員の前で「人生論」を熱弁した怪鳥会長様が、今年は何を思い立ったのか「子会社含めて、全部で入社式やろうよ!」などと言い出しまして、別にグループ化しているわけでも無く業種もバラバラですので、そんな事をしても仕方無いのですが、言い出したら聞かない人ですので仕方ありません(汗;

 

そして、ご挨拶は今年もまたコレ

「新卒として迎える入社日と言うのは、今日1日、この日だけです。今後我が社でずっと働くにしろ、もし仮に他の会社で働く日が来ても、今日の気持ちを忘れずに、精一杯頑張って下さい」

今年入った新入社員の皆さんが「騙された」とか「こんなところだとは知らなかった」とか言い出さなければ、いいのですが・・・

 

 

一括採用、一括入社、たまにネット上の "はくしきなみなさま" からやり玉に上がる事もありますが、この採用方式が問題、なんでしょうかね。

この一括採用のいいところ、ほぼ全員に応募するチャンスがある事でして、足切りや学歴フィルターがあるとかはまた別の話です。よく、ネット上の "はくしきなみなさま" が比較されている自由の国、そして実力主義の国アメリカ。このアメリカで就職を最も左右するのは、出身大学の学閥と「どれだけ力のある推薦状を書いてくれる人と知り合いか」という、言ってみたらコネです。そして、通年採用していると言う事は逆を返せば決まった時期に採用しているわけでは無いと言う事で、たまたま問い合わせた時に採用してたらラッキーなわけでして、実は日本は比較的公平な国なんです。

ガンガン転職を繰り返すのが当たり前のように語られるアメリカですが、いやいや、大学や高校を卒業して就職し、そのまま一生同じ会社で働いく方も大勢おられます。「アメリカとはこう言う凄い国なんだ」と、無理やり広められたステレオタイプに、踊らされすぎてるんですよね。

日本は日本、アメリカはアメリカ、それ以外の国はそれ以外の国で、それぞれ長い時間掛けて出来てきた就業するまでの道のりですから、もっと自分の国の素晴らしい部分は「素晴らしい」と評価して欲しいと思います。

 

 

一括採用だからこそ、今日みたいな入社式と言うものも何となく様になりますし、入社した若者たちも、社会に出たと言う気が一層感じられるのかもしれません。

 

ところで、アメリカで通年採用の会社って、入社式なんてあるんですかね?

そもそも、アメリカで入社式ってあるんですかね?